2015年

6月

21日

昼寝の楽しみ!

毎朝五時起きで、モコと散歩に行っているせいなのでしょうか、ジムから帰って遅い昼食を取ると昼寝をするのが日課になってしまいました。

夜寝るのとは違った心地よさが昼寝にはありますよね。

でも、私の場合はせいぜい2~30分程度にしておくようにしています。

それ以上寝ると、目覚めた時に一層疲れを感じてしまいますので。

ですから、昼寝をする時は横にならずに椅子に座ったまま寝るようにしています。

これだと、深い睡眠に入っていかなくてすみますから。

それに、昼寝は浅い睡眠の方がよくて、しかも3時までの時間帯に行うのが、もっとも効果的だそうです。

とにかく、昼寝は疲れた体をリフレッシュしてくれることは間違いありません。

質の良い昼寝を心掛けたいものですね!

0 コメント

2014年

6月

30日

効果の程は?

10日ほど前にジムのスタッフの勧めで「耳つぼシール」を試してみましたが、私には全く効き目がありませんでした。

1個、数百円のチタンの粒を耳たぶに貼るだけで肩凝りが解消するとは思いませんでしたが、渡世の義理を大切にする私にとっては、お付き合いが必要な事もあるわけですよ!

 

しかし、実際に効果があったという人は存在するのでしょうかね?

いたら、是非ともお目にかかりたいものです。

 

でも、宣伝している割には、効果が実感できないモノと云うのは他にもありますよね!

私が1年以上飲用している水素水もそのいい例です。

水素が身体に悪影響を与える活性酸素を減少させて、老化防止や美容にも効果があるといわれていますが、物差しがある訳でなし、未だに変化がありません。

それでも、諦めきれないので今では焼酎の水割り用に使って、効果が表れるのを静かに待っているところです。

 

その他にもTVで盛んに宣伝している青汁やすっぽんのサプリメントなども本当に効き目があるのでしょうか?

「今では、もう手放せなくなりました!」という著名人の声を聞くとヤラセにしか聞こえないのですが。

私の友人にもサプリメント好きがいるので、聞いてみたところ「便通がよくなったくらいかな?」といっていました。

それくらいなら、高いお金を掛ける必要もないと思うのですがねぇ?

 

0 コメント

2014年

6月

29日

職安

23日前に7月度のパソコン教室の担当講師が発表になりました。

パソコン教室の受講者が激減していることについては、これまでに何度もお伝えしてきましたが、最近になってもその傾向は顕著になる一方で、まるで改善される様子が見られません。

 

そのあおりを受けて、7月は私の担当する講座が0(ゼロ)になってしまいました。

これは、5年前にパソコン講師の活動を開始して以来、初めてのことです。

これまでは、どんなに少なくても12科目の講座は担当してきたのですがねぇ・・・。

 

いつかは、こんな日が来るだろうと予測はしていましたが実際に直面してみると事態は思ったより深刻ですね。

まぁ、収入が無くなれば支出を抑えるしかないのですが、お酒だけは断つことが出来ませんから、何とか酒代を捻出することを考えなければいけなくなりました。

時間だけはたっぷりある訳ですから、久しぶりにハローワークに行ってみましょうか!

 

ところで、今ではすっかり「ハローワーク」という呼び名が定着していますが、ひと昔前までは「公共職業安定所」略して「職安」と云って、なにやら暗いイメージがありました。

「オレ、チョッと職安に行ってくる!」等と人前で口にするのは憚られたものですがね?

それが「ハローワーク」と名前を変えてから何となく優しそうな感じがするから不思議なものですよ。

 

ということで、昨晩コンビニで履歴書用紙を買ってきました。

気に入った仕事が見つかると良いのですが、この歳を考えるとお先は真っ暗でしょうね!

トホホ・・・。

 

0 コメント

2014年

6月

28日

集中力欠如?

最近集中力が欠けてきたようで何かやろうと思ってもなかなか行動に移すことが出来なくて困っています。

もちろん、やらなければならないことは辛うじてこなしていますが、ひとつの事にケリが付くまでに時間がかかり過ぎるのですよ。

 

例えば、デジカメの写真も丸1年以上撮りっぱなしになったままになっています。

孫の成長記録を編集してスライドショーにするつもりだったのですが、未だに手付かずの状態が続いています。

その他にも体重や血圧等の測定結果を分析して、健康管理に役立てたいと思っているのですが、いざとなるとエクセルを開くのも億劫になり、後回しになっています。

 

よく、歳を取ると集中力や思考力が低下してくると云われていますが、多分その影響なんでしょうね?

体調は極めて良好だし、幸い読書だけは苦になりませんから、深刻に考えることは無いとは思うのですが、オツムの方だけは思い通りにいかないモノですね!

 

1 コメント

2014年

6月

27日

男の美学

この数週間、悩みに悩んだ末、ついに「グループキック」から脱退することにしました。

長年にわたり楽しんできたレッスンから手を引くというのは断腸の思いでありますが、いかんせん私の体力では、最近とみにハードになったレッスンに付いて行くことが出来なくなってしまったのです。

 

ただ単に疲れるだけなら、こうも簡単に諦めたりはしないのですが、今回のプログラムの中に私の能力範囲をはるかに超えた難易度の高い動き(写真参照)があり、それがどうしてもクリアーできないのです。

家に帰って密かに練習もしてみたのですが、何回トライしてもカエルが這いつくばったような不様な恰好を繰り返すばかりでした。

 

こんな醜態を人前に晒してまで続ける意味があるのだろうか?

それならば、潔く身を引く事が男の美学ではないかと思量して、今回の決断に至った次第であります。

 

一抹の寂しさは覚えるものの、いざ決心してみると胸のつかえが下りてスッキリした気分になりました。

思うように動けないことが、いつの間にかストレスになっていたのでしょうかね?

 

ただ、残念なのは、終了後の打ち上げが出来なくなってしまったことです。

大汗を掻いた後の生ビールの味は格別でしたからね!

それだけが心残りでなりません。

 

※①の姿勢から足腰のばねを使って瞬時に②の姿勢になる。

 

0 コメント

2014年

6月

26日

怠惰な1日!?

昨日はジムも休館日でしたし、パソコン関係の仕事もないフリーな1日でした。

こんな日は滅多にないので前日までは、あれも、これもと意気込んでいたのですが、朝から雷雨模様の悪天候でいきなりやる気を削がれてしまいました。

それでも、雷雨の合間を縫って床屋へ行ってきたまでは良かったのですが、鬱陶しい天気の下では何もする気が起こらず結局1日中ソファの上でゴロゴロしてしまいました。

 

せめて、雨が降らなければロードバイクに乗って遠出がしたかったのですが残念でした。

でも、1日中グタッとしたからといって、体が休まるというモノではありませんね!

かえって、体全体がだるくなって、床についてもなかなか寝付くことが出来ませんでした。

 

時間はたっぷりあったのですから、ストレッチでもやっておけば良かったのかと後悔しております。

折角の貴重な時間を浪費した上、生活リズムまで狂わせてしまい不本意な1日になってしまいました。

 

0 コメント

2014年

6月

25日

ゴールデンコンビ

ジム友から朝採りした枝豆を大量に頂戴しました。

早速食べてみましたが、採れたての枝豆の旨さは格別でした。

そして、これほどビールのツマミに合う食べ物は他にはありませんね!

まさに夏のゴールデンコンビと云っても良いのではないでしょうか?

 

ところで、ビールと枝豆と云うのは味覚の面だけでなく、偏りがちな栄養を補う意味でも相性抜群なんだそうですよ!

枝豆は、そもそも大豆ですからタンパク質やカルシウムが豊富な健康食ですし、ビタミンCもミカンと同じくらい含まれているので、悪酔いや二日酔いの防止にもなると云われています。

 

普段何気なく口にしていた枝豆が、こんなに身体に良いとは知りませんでした。

ただし、ビールは利尿作用があって脱水状態になりやすく、枝豆に振りかける塩との相乗効果により血液がドロドロになってしまうので、いくら夏のゴールデンコンビと云えども摂りすぎには充分注意しないといけないようですよ!

 

0 コメント

2014年

6月

24日

ランニング

乱高下を繰り返していた私の体重が、ようやく下降線を辿ってきました。

酒や食事の量を減らしたわけではありませんから、トレーニング方法を変えたのが功を奏したようです。

といっても、エアロバイクからランニングマシーンに乗り換えただけなんですが、ランニングは全身を使う分だけ消費カロリーが増えたのでしょうね。

 

でも、この歳になってから走り始めるというのは結構辛いものがありますよ?

日頃から、スタジオレッスンで身体を動かしていますから息切れすることはありませんが、長い事走っていなかったので脚がスムースに動かないのです。

慣れるまでは500m走るのがやっとでしたが、この3週間の特訓のおかげで、今では1.5kmは楽にこなせる様になりました。

 

こうなってくると面白いもので、ジムへ行くと5分でも10分でも走らずにはいられなくなりました。

昨日もボクササイズでたっぷり汗を流した後、更に15分程走ってきました。

 

まだまだ、ランニングと云うよりは「駆けっこ」の域を脱してはいませんが、走り終わった後の爽快感はなかなかのモノですよ

このまま徐々に走行距離を伸ばして5km位は平気で走れるようになりたいものですね。

 

0 コメント

2014年

6月

23日

外食の功罪

妻の帰りが遅くなるというので、近所の友人を誘って金町の「龍園」に行って中華を食べてきました。

前日のイタリアンと云い最近外食が続いているので気にはなっているのですが、意に反して何故か外食する機会が多くなってしまうのです。

 

でも、経費の問題を考えなければ外食ほど便利なモノはありませんよね?

まず、自分の食べたいものが、あらゆるジャンルから選択できますし、料理に合わせて飲み物を選ぶことが出来ます。

自宅だとなかなかこうはいきませんよ。

「海老のチリソース」が食べたいと思っても、材料を仕込んでから作る手間やら、なにやら考えるとかなりの労力を要してしまいますし、中華に合わせて紹興酒を常備している家庭などそうそうありませんからね?

 

でも、一方では弊害がある事も間違いありません。

とにかく、好きなモノしか食べませんから、どうしても栄養のバランスが崩れてしまいますし、残すのは勿体ないのからといってついつい食べ過ぎてしまいます。

それと、作る側は我々の健康には気を遣ってくれませんから、どうしても味の濃い料理が多くなりますよね?

 

という訳で、外食はホドホドにしなくてはいけないようです。

珍しく今週は外食の予定が1件もありません。

テレビでも見ながらゆっくりと晩酌を楽しむことにしますかね!

 

0 コメント

2014年

6月

22日

イタリアンでディナー!

ジムの近くにあるイタリアンレストラン「TASAKI」でディナーを楽しんできました。

念のため予約をしておいたのが正解で、我々がビールのグラスを傾けている間に満席になってしまいました。

 

まずは定番のマルゲリータと野菜サラダをツマミに宴がスタートしました。

ところが、その後に何をオーダーしていいのか分らなくなってしまいました。

と云うのはメニューにある品名を見ただけでは料理のイメージが湧かないのですよ。

 

居酒屋ならば、「お新香」、「刺身の盛り合わせ」、「揚げ出し豆腐」といったように次から次へと食べたいものが浮かんでくるのですが、イタリアンと云ったらピザとスパゲティしか食べたことがない私にはメニューの選択にひと苦労してしまいました。

幸い、メンバーの中にイタリア人を母に持つ人がいて、その方が仕切ってくれましたので事なきを得ましたが一人だったらどうなった事でしょうか?

 

とにかく何を食べても美味しかったし、店員さんの対応も申し分ないのですが、店内が狭いのが気になりました。

隣りのテーブルとの隙間が50cm程しかないのでお互いの会話が筒抜けなのです。

 

でも、それを差し引いても界隈では出色のイタリアンレストランである事に間違いはありませんね!

 

0 コメント

2014年

6月

21日

歳には勝てない!?

自転車を交通手段としている私にとって、これからの3ヵ月は暑さとの戦いが続いていきます。

私が担当しているパソコン教室の会場までは往復12kmありますから、太陽がサンサンと照りつけている日中にペダルを踏み続けるのは結構シンドイものがあるのです。

特に中川の土手は道路からの照り返しが強いので、それだけで汗が噴き出してくるのです。

 

のんびり走っていれば苦になる距離ではないのですが、ピンク色の派手なロードバイクに乗っているものですから、それなりの走り方をしなければ格好が付かないわけですよ!

 

でも、そろそろ見栄を張るのもいい加減にしておかなければいけませんね。

昨年同時期と比べると、明らかに疲れ方が違うのです。

 

若い頃、父親が「歳には勝てないな!」と云うのを聞いて、何を情けないことをと思ったものですが、こう云うことだったんですね!

残念ですが、私もそんな歳になってしまったようです。

 

0 コメント

2014年

6月

20日

鰯(イワシ)の頭

この歳になって初めてピアスなるものに挑戦してみました。

当初は恥ずかしさも手伝って躊躇していたのですが、いざ付けてみると、気分が若返って往年の「銀座のマァ~ちゃん!」に戻ったような気がしてきました。

同年輩の方々には不愉快な思いを与えるかも知れませんが、「いい年をして云々。」と蔑むことだけは止しにしましょうね!

それこそ誰にも迷惑を掛けているわけではありませんし、何よりも当の本人が悦に入っているのですから。

たまには、老人の常識範囲を超えて弾けてみるのも刺激があっていいものですよ!

 

というのは冗談で、実はこれジムで行っているキャンペーンの一環で「耳つぼシール」なんですよ。

耳の中にある110ヵ所のツボにシールを張り付けるだけで肩凝りや目の疲れ等、あらゆる体の症状に効果があるというのですから素晴らしいではありませんか!

私は、こうしたモノに目がないので、今回も早速トライしてみたという訳ですよ。

特に今週はキャンペーン企画と言うことで、値段が半額だったので左右の耳にそれぞれ二つのシールを張り付けて貰いました。(腰痛・眼精疲労)

 

「鰯(イワシ)の頭も信心から」と云います。

果たして、効果の程は如何なる事に?

結果報告をお楽しみに!

(こんなことばかりしていたら金残りませんよね!)

 

0 コメント

2014年

6月

19日

非国民と呼ばないで!

ただいま巷ではワールドカップの話題で大変な盛り上がりを見せていますね!

普段サッカーの話をしたことのない連中まで、この時期は人格が変わったようにテレビの前に噛り付いているようです。

まさにサッカーを観ない人間は国民に非ずといった具合で、私のような人間は極めて肩身の狭い思いをしております。

 

先日のTV番組の中で皇居の周りを走っている人たちにリポーターが並走しながら「今、コートジボワールに負けていますよ!応援しないんですか?」と叫んでいる場面があました。

そこまでマスコミが煽り立てるほどの事ではないと思うのですが、熱烈なサッカーファンからすればこんな大事な試合を観ないでジョギングをしている連中は歯がゆいのかも知れませんね?

私も何年か前のワールドカップの際、ある人に「ワールドカップには全く興味がない。」と言ったところ、「お前は非国民か!」と罵られて、あわや取っ組み合いの喧嘩になるところでした。

 

ワールドカップで盛り上がるのは大変結構なことですが、日本人全てがサッカー好きではないことも理解して欲しいものです。

と云うより、自分たちだけで楽しんで、私のような人間には構わないでください。

 

でも、何故サッカーだけがここまで特別視されるのでしょうか?

他の競技でも国際大会は幾つもあるはずなんですが、特にワールドカップの異常とも思える燃え上がり方はなんなのでしょうか?

 

ところで、日本チームは優勝できそうなんですか?

 

4 コメント

2014年

6月

18日

ある提案

先日吉祥寺へ出かける電車の中で感じた事ですが、「優先席」と「携帯電話の使用」に関するアナウンスは廃止しても良いのではないでしょうか?

何故かといえば誰も守っていないからです。

なまじ、マナーだとかモラルだというから、守っていない奴等を見るとストレスが溜まる訳で優先席のマークなど無くしてしまえばいいのですよ!

 

第一、優先席と云う考え方自体がおかしくありませんか?

席を譲るというのは、あくまでも相手の立場を思い遣って行われる行為ですから、どこに座っていようと関係のない話です。

むしろ、優先席を設けたことで本来の思い遣りの気持ちが薄らいでしまったような気がするんですがね?

 

それと携帯電話もそうですよ。

優先席にペースメーカーを装着した人が座っていた場合、命に関わる恐れがあるので電源を切ってくれといいますが、誤作動が起きる可能性があるのは優先席付近だけではありません。

駅のホーム、デパートの中などあらゆる場所で接近する可能性があるのです。

それなのに優先席付近だけ禁止と言われても意味がないような気がします。

 

最近は技術が進歩してきて、携帯電話の電波がペースメーカーに影響を与える距離は最大3cmだそうですよ。

要するにペースメーカーを装着している人の胸に携帯を押し当てない限り大丈夫だということです。

 

そうであれば、この際車内での携帯電話の使用は自由にしてしまいましょう!

その上で改めて日本人のマナーやモラル感を問えばいいことだと思うのですが・・・。

 

0 コメント

2014年

6月

17日

犬の臭覚

犬の臭覚は人間の約100万倍と云われていますが、我が家の老犬モコも臭覚だけは未だに健在なのであります。

特に好物の牛乳の匂いには敏感で、冷蔵庫を開けてパックを手にしただけで私の足元に素っ飛んでくるほどです。

メロンやスイカも同様で、すぐさま反応してきますが、モコの肥満予防のため滅多矢鱈にあげることはしていません。

 

ですから、モコの前で牛乳を飲んだり、果物を食べたりするのが不憫なものですから、ベランダまで持って行って飲食することもあるのです。

それでも、3度に1度はごく少量を与えることにしています。

気持ちとしては、腹いっぱい食べさせてやりたいのですが、栄養価の高いモノや糖分が多く含まれた果物は、モコのためになりませんからね!

 

ところで、それほど鋭敏な臭覚を持っているモコがどうして私の強烈な加齢臭に耐えることが出来ているのでしょうか?

私自身、鼻が曲がりそうだというのに不思議ですよね?

 

0 コメント

2014年

6月

16日

盗難車戻る!!

1年ほど前、息子の家から盗まれたロードバイクが発見されました。

すぐ届を出したのですが、今頃になって戻ってくるとは誰も思っていませんでした。

自宅近くの路上に乗り捨ててあったのを巡回中のお巡りさんが見つけてくれたそうです。

 

思いのほかダメージは少なく、錆を落とせば乗れる状態だったのが不幸中の幸いでした。

ただ、どこのどいつが乗っていたのか分りませんので、まず自転車全体を水洗いしてから、更にアルコール洗浄をしておきました。

このバイクは息子の嫁さんが乗っていたものですが、盗難後に同タイプの新車を購入してしまったため、私が引き取ることになりました。

今日は、近所の自転車屋さんで再点検をして、万全を期してから乗って行きたいと思っています。

 

ところで、盗難自転車が無事に戻る確率は2割にも満たないそうですよ。

特にスポーツタイプの高級車は鍵をかけておいても狙われると言われていますから、今後も注意しなければいけません。

 

皆さんも、面倒くさがらずに鍵をかけるようにしてくださいね!

盗難直後の息子夫婦の落胆ぶりは、見ていて気の毒になってしまいましたから…。

 

0 コメント

2014年

6月

15日

創作つくね

吉祥寺の駅近くにある「せんなり瓢箪」と云う居酒屋さんに連れていって貰いました。

行くまでは、ただの居酒屋さんだったと思っていたのですが、実は「つくね専門店」の異名を取る、地元では知る人ぞ知る名店だったのです。

 

その名の通り、メニューには食欲をそそる創作つくねの名前がズラッと並んでいました。

そのすべてをご紹介することはできませんが、もち米でつくねを包んだ「豊年」、トロッとした牛筋の入った「フォンド棒」など、これまで聞いたことのないユニークな名前が付けられていました。

 

数ある中から我々が選んだのは「ポテトカレー(カレー風味)」、「ピッツア(とろけるチーズ入り)」、「おぼろ(豆腐入り)」の3種類です。

女将さんから「ウチのつくねは量が多いから、二人で1串くらいがちょうどいいわよ!」とアドバイスがありましたのでそれに従うことにしました。

 

いゃあ~、小食の私だと1串食べただけでお腹が一杯になるくらいのボリュームでした。

ちょうど小さめのハンバーグぐらいの大きさでした。

さて、肝心の味の方ですが、これは間違いなく美味しかったですよ!

ただし、本来のつくねとは全く別物で、これまで経験したことのない食感がしました。

あえて表現するならば、焼き鳥好きのオヤジよりも若い年代に好まれる味といえるでしょうかね!

それを裏付けるかのように我々が帰る頃には、店内は若い男女で満席の状態でした。

 

古民家風の店の雰囲気も、気さくな女将さんの接客態度も共に気分が良かったですよ。

もう少し近ければ再訪してみたいところですが、やはり吉祥寺は遠いですよね!

 

1 コメント

2014年

6月

14日

笑えない男

私は自慢ではありませんが、「愛想笑いが」が出来ません。

ですから、写真を撮る時等は一苦労してしまいます。

カメラに向かって、「チーズ!」とか「バタ~!」とか言いながら努力はするのですが、どうしても顔が引きつってしまうのです。

その結果、いつも私だけが仏頂面をしている悲惨な写真が出来上がるという次第です。

何の苦労も無く満面の笑みを浮かべられる人が羨ましくて仕方がありません。

 

カメラだけではなく面接等のように緊張する場面に遭遇すると途端に顔面がフリーズしてしまうのです。

おかげで、これまで随分チャンスを逃してきたような気がします。

 

普段の会話の流れの中ではごく自然な笑顔になれるのですがねぇ~!

内心はどうあれ、ニッコリ微笑んで人と接することが出来るのは大事なエチケットでもあるそうですから気を付けなければいけませんね!

 

2 コメント

2014年

6月

13日

今一番したいこと!

「今一番したいことはなんですか?

と聞かれて咄嗟に返事をすることが出来ますか?

それも「旅行に行きたい!」とか「旨いものが食べたい!」と云うような漠然としたモノではなく、具体的な例をあげろ!と言われるとハタと困ってしまいますよね。

 

それに私の場合、やりたいことがあまりにも多過ぎて優先順位を付けることが出来ないのです。

強いて言うならば、南国の海に行って椰子の木陰でうたた寝をすることでしょうか?

目覚めれば、枕元にギンギンに冷えたビールが用意され、「呑んでは、まどろみ」の世界を繰り返しながら、時の流れに身を任すと云うのも悪くないですよね!

 

ただ、南国の海に行くには時間が掛かりますし、経費も馬鹿になりませんから、近場の温泉に行くことにしましょうかね?

温泉に浸かった後は山海の珍味に舌鼓を打ちながらグィッと一献傾ける。

そして、食事の後はベテランの按摩さんに疲れた体を委ね、いつしか眠りにつくというのも良いですよね!

 

と、いった具合に皆さんも自分のやりたいことを想像してみたらいかがですか?

まぁ、やれるか、やれないかは別として、たまにはこうした夢を見ることも必要なことだと思うのですが?

 

0 コメント

2014年

6月

12日

ゴールはまだまだ!?

体調が今一つスッキリしない中、4月から本格的に行っている「ストレッチ・プロジェクト」だけは順調に推移しております。

毎日地道に続けてきたお蔭で、今では胸とマットまでの距離が20cm程に近づいてきました。

次のステップとしては7月中に10cmまでに縮めたいと思っています。

 

ここに来て、ようやく体が馴染んできたのでしょうかね? 

れまでの股が裂けるような痛みが、次第に心地よい痛みに変わってきましたから。

今では3~40分程度ストレッチマットの上で過ごすのが日課となっています。

ところがですね、休館日などで1日ストレッチをサボると次の日が大変なんですよ!

前回伸びた位置まで戻すのに倍の時間を要してしまうのです。

加齢と共に体が硬くなるというのは本当ですね。

 

それでも、ここまでくれば先は見えてきましたよ!

秋口には良い報告が出来そうです。

 

さて、ストレッチの効用には色々ありますが、姿勢を良くして颯爽と歩きたいというのも私の目的の一つなのですよ。

どんなに良いものを着てお洒落をしているつもりでも、背中や腰が丸まっていたら台なしですからね。

背筋をピンと張ってキレイに歩いている人はそれだけで恰好よく見えるものです。

 

0 コメント

2014年

6月

11日

エクセル入門

今月のパソコン講習会で一寸したトラブルが発生しました。

「エクセル入門」コースを受講した高齢の女性が、初日の講習を受けた直後に「難し過ぎてついて行けない!」と言って、以後の講座をキャンセルしてしまったのです。

さらに、残り3日分の受講料を返して欲しいという申し出があったそうです。

気持ちは分りますが、いったん受講された方には返還出来ない決まりになっているんですよ。

残念ですが、この受講者は二度と我々の講習会に参加することは無いでしょうね!

 

エクセルが何なのかを知らずに応募したご本人の勘違いもさることながら、昨年来の受講者激減を危惧するあまり申し込みがあれば、すべて受け付けてしまう当方の態勢にも問題があると思います。

応募の際、丁寧に内容を説明してあげればこんなことは起こらない筈なんですがね。

確かにエクセルは便利なソフトですが、70歳過ぎた高齢者の方に「ワークシート」だとか「関数」といってもなかなか理解して貰えないですよね?

それよりも、インターネットやデジカメ等の身近な趣味の講座を勧めてあげるとよかったと思います。

 

それはそれとして、ついに受講者の数が前年に比べ半分以下になってしまいました。

いよいよ、パソコン離れが深刻化してきたようです。

 

0 コメント

2014年

6月

10日

Welcome Back!!

2年前、都合によりこのジムを去って行ったボクササイズのUインストラクターが代行レッスンという形で帰って来てくれました。

 

もともと、彼女は引き締まった体をしていたのですが、今年からボディビルを始めたとかで、より見事なプロポーションでスタジオに現れました。

ボディビルダーといっても、いわゆるムキムキの筋肉が付いているわけではなく、見た目が非常にきれいなのです。

特に鍛え上げられた腹筋のくびれ方は格好良かったですねぇ!

とてもアラフォーの体とは思えませんでしたよ。

 

レッスン開始前Uさんの回りには幾つもの輪が出来て再会を喜び合っていました。

こんなところにも、彼女の人柄の良さが表れているようでした。

皆さん、この日を楽しみにしていましたからね。

 

レッスンはといえば、相変わらず絶叫型のインストラクションは昔と変わりませんでした。

テンポの良い掛け声に乗せられてあっという間に45分が過ぎてしまいました。

今では、あちらこちらのジムから声が掛かり、なかなか時間が取れないと言っていましたが、せめて半年に一度ぐらいは帰って来て欲しいものです。

とにかく、楽しいレッスンでした。

 

0 コメント

2014年

6月

09日

食生活改善

先日、過度のトレーニングが原因で「疲労困憊」してしまう件をお伝えしましたが、もう一つの要因として肥満を恐れるあまり、栄養のバランスが崩れて体力が低下しているのではないかという説が浮上してきました。

朝食はともかく、昼はバナナ1本とヨーグルトだけで済ませてしまいますし、夜は酒のツマミとして肉や魚のおかずだけしか食べません。

ということで、お米やパンなどの炭水化物は殆ど摂ることがありませんでした。

 

ところがですねぇ、スタミナ向上のためには脂肪やタンパク質を減らして炭水化物を多食するのが有効なんだそうですね?

スタミナづくりには肉や魚よりもパンやサツマイモの方が効果的だということなんですね!

それと、野菜の摂取量も少ないのかもしれませんね!

もともと野菜は嫌いではないのですが、積極的に手を出すほどでもないのですからね。

 

でも、そんなことは言っていられなくなりました。

バランスのとれた適切な量の食事を心がけるとともに、お酒の量をほんの少しだけ減らすことにします。

まだまだ、格闘技の世界から足を洗うつもりはありませんので!

 

3 コメント

2014年

6月

08日

奇人・変人

いつもの通りジムの浴室で汗を流していると、少し離れたブースにいる男性が自分のイスを一生懸命に洗っていました。

このような人は、時々見かけますから気にもしなかったのですが、よく見ると専用のスポンジらしきモノを使って入念に洗っているのです。

確かに誰が座ったか分りませんから、神経質になるのも理解できますが、それにしても手間と時間を掛けすぎです。

 

体を洗いながらその様子を眺めていたのですが、まるで何か悪いものにでも憑りつかれたようにイス全体をこすり続けているのです。

お尻の当たる部分だけでいいような気がするのですが、ここまで執拗になると、もはや潔癖症と云うよりも、心を病んでいるとしか思えませんでした。

 

驚いたことにイスが済んだと思ったら次は洗面器を洗い出しました。

直前にその場所に座っていた人がこれを見たら不快に思うでしょうね?

「オレはバイキンマンじゃないぞ!」と怒るかも知れませんよ。

何を恐れているのか分りませんが、病理学的見地から説明しますと、幾ら強い洗剤を使ってキレイに洗っても無菌状態になることはあり得ません。

 

それに人間の体には強い免疫力がありますから、多少の菌が付着したところで健康な人が病気に罹ることはまずないのです。

このジムには奇人・変人が数多くいることで有名なんですが、この男性も間違いなくその一人ですね!

 

0 コメント

2014年

6月

07日

背信行為

一昨日の私のブログ『疲労困憊』を見て心配してくれた多くの友人・知人から安否の確認がありました。

そしてジムへ行ったら友人から「一度病院にいった方が良いのでは?」と云うアドバイスまで頂きました。

たかが私ごときに、このような暖かいお言葉の数々、皆様方には深く感謝申し上げる次第です。

 

「無理は禁物。」という皆様のお声に従い、昨日はストレッチだけにするつもりでジムに行きました。

ところが、お馴染みの会員さんたちの顔を見たら、何となく体調が戻ったような気になって、思わずグループキックに参加してしまいました。

 

でも、ここまででしたら、体調不良を心配して頂いた皆様にも、何とか申し開きも出来たのですが、その後がいけませんでした。

あの大雨の中を飲みにでかけたのです。

それも、新宿まで!

 

2日前まで、ソファの上で悶え苦しんでいた人間のすることとは思えませんね?

この常軌を逸した行動は皆様に対する背信行為と云っても過言ではありません。

もちろん、体調が思わしくないのでお酒の量も抑えたつもりです。

そして、何とか早くお開きになる事を願っていたのですが、気が付けば日付が変わる寸前でした。

私も、この日ばかりはゆっくり休みたかったのですよ。

 

しかし、世の中には何かとしがらみと云いうモノがございまして、無下に断ることが出来ないことがあるものなのですよ!

 

0 コメント

2014年

6月

06日

「信号無視するヒトの深層心理」

 

 

 

このたび「信号無視するヒト(歩行者)の深層心理」についての調査結果が纏まりましたので報告したいと思います。まず、信号無視には大別して3通りのパターンがありました。

 

 

1.前後左右に車の気配がないことを確認してから渡る。    58.7%

2.車が来ても、まだ距離があるから大丈夫と判断して渡る。  17.6

3.車が止まってくれるはずだから渡る。  7.4%

理由はどうあれ信号を守らない人が10人中8人以上いることが明らかになったのです。

 

そして、その人達の心理状態ベストスリーはと云うと、

第1位 車が来ていないのに何故待たなきゃいけないの? 誰にも迷惑掛からないし!

第2位 歩行者は罰金を取られないから。

第3位 みんな無視しているから・・・。「赤信号みんなで~」の口です。

(以下省略)

 

この結果だけで判断するのは早計かもしれませんが、私にはもはや日本の交通マナーは東南アジア諸国と同じレベルになってしまったとしか思えないのです。

このように、基本的なマナーすら守れないようでは、少なからずほかの面にも影響が出てくることは間違いありません。

とにかく、信号を守る人が格好よく見えるようではいけませんよね!

 

注:このレポートは私の独善的調査と偏見に基づいて作成したものですから、信憑性においては極めて疑わしい事を申し添えておきます。

 

0 コメント

2014年

6月

05日

疲労困憊!

ただいま、体調が最悪の状況にあります。

と云っても食事やお酒は美味しく頂いていますから、それほど深刻な問題ではないと思うのですが、とにかく頭のてっぺんから足の先まで、澱のように溜まった疲れがなかなか抜け切らないのです。

 

酷い時は、背中から腰の間に鉄板が入っている様な鈍痛が走り、起きることが出来ません。

こうなると、気力まで萎えてしまい、昨日は1日ソファの上で過ごしてしまいました。

原因は単純明快。 連日の過度のトレーニングにある事に間違いありません。

 

ジムへ行くまではホドホドにしておくつもりでいるのですが、いざマシーンを目の当たりにすると、生れついてのアスリートの血が騒ぎ、ついついブレーキが利かなくなってしまうのです。

その結果、風呂から上がった時には息も絶え絶えになり、椅子から立ち上がる事すらできなくなるという悪循環を繰り返しているわけですよ!

 

こんなことを毎日続けていたら、そのうち過労死してしまうかも知れませんね?

幸いなことに昨日はジムが休館日だったので、心置きなく体を休めることが出来ましたから、今朝は多少体が軽くなったような気がします。

 

問題は、明日の「グループキック」のレッスンですよ!

“To be, or not to be 

明日の朝の体調次第と言うことにしておきましょう!

 

2 コメント

2014年

6月

04日

菖蒲祭りに!

6月1日から近所の水元公園で「菖蒲祭り」が開催されています。

「お祭り」と聞くだけで、心が騒いでしまう私としては、矢も盾もたまらなくなりジム友を誘って花ショウブの観賞に行ってきました。

 

ところが、チョッとばかり時期が早く花ショウブはまだ五分咲きといった状態で、菖蒲田によっては全然花の開いていない区画もありました。

屋台も骨組みだけしか出来上がっておらず、おまけに見物客も閑散としていて、とてもお祭りと呼べる雰囲気ではありませんでした。

 

でも、この広大な水面と緑豊かな空間をブラブラするだけで、何となく心が洗われるような爽快感を味わえたので十分満足することが出来ました。

 

今週末になれば、もう少し花も咲き乱れ、色々なイベントが催されて賑やかになるはずですから、その頃に改めて来ることにします。

 

歳を取ると、どうしてもせっかちになってしまうものですね?

反省!!

 

0 コメント

2014年

6月

03日

行列のできる焼き鳥屋さん

南柏にある「伊達」という名の焼き鳥屋さんに行ってきました。

今回で2回目ですが、この店は焼き鳥は勿論の事、他の料理も一つ一つに手が掛かっていて実に旨いのです!

オーバーな表現をするなら、焼き鳥屋というよりも鳥専門の和食店と云った方がいいかもしれません。

 

早速、大好物の「つくね(180/本)」からスタートしました。

注文を受けてから焼いてくれるので、熱々の肉の柔らかさは、まるで上質のハンバーグを食べているようでした。

続いて、「レバー(150/)」です。

ボリューム満点のほっこりとした肉がタレと絡み合い、これまた絶妙の味を楽しむことが出来ました。

カロリーさえ気にしなければ何本でもいけそうでした。

 

その他にも「ねぎま(180/本)」、「かわ(150/)」等を次から次へと頂きましたが、とにかく何を食べても旨いし、しかも安い。

チエーン店の焼き鳥など食べる気がしなくなりますよ!

これまで北は北海道、南は沖縄まで全国津々浦々の焼き鳥屋を訪ね歩いてきましたが、これほどの味を出せる店はありませんでしたねぇ。

ハワイから来た友人のキアラ君も大満足の様子でした。

 

ただ、残念なことに店が狭いので、時間によっては行列が出来てしまうのです。

この日も6時前には満席になってしまい、何人かのお客さんが席が空くのを待っていました。

確かにこの店の味を知ったら並んでも食べたい気持ちは分りますね!

 

お勧めの焼き鳥屋さんです!

 

0 コメント

2014年

6月

02日

珍記録!?

一昨日のプロ野球の試合で珍しい記録が生まれました。

我がジャイアンツが相手チームオリックスの金子投手に9回表までノーヒットに抑えられてしまったのです。

 

その裏にオリックスが1点でも取れば「ノーヒット・ノーラン(無安打・無得点)試合」という1年に1回あるかないかの大記録が誕生するところだったのです。

そして、その裏オリックスは絶好のチャンスを迎えたところで、金子投手に代打を送りました。

とにかく1点取ればいいのですから、交代は致し方のないところでしょうね?

ところが、オリックスは折角のチャンスをモノにできなかったのです。

そして残念なことに、この時点で、金子投手の勝ちは無くなり、その上大記録となる筈のモノが単なる「参考記録」に終わってしまいました。

 

それでも、オリックスが勝てば、まだ救いがあったのですが勝利の女神は我がジャイアンツに微笑んでくれました。

最後の回に今季初出場の亀井選手のホームランが決勝点となり、勝利が転がり込んできたのです。

最後のバッターに打たれて記録がパァーになるケースは、これまで何度も見てきましたが、参考記録とはいえ「ノーヒットノーラン」を喰らったチームが勝つのを見たのは私の長い野球観戦歴の中でも初めての事でした。

 

※野球音痴の方には、まったく理解できない内容であった事を深くお詫びいたします。

 

0 コメント

2014年

6月

01日

「さとり世代」

「悟り」を開くのは坊主だけで結構!
「悟り」を開くのは坊主だけで結構!

「さとり世代」という言葉を聞いたことがありますか?

私は初めてこの言葉を聞いた時、世の中の酸いも甘いも噛み分けて悠々自適の生活を送る年配者を指すものだと思っていたのですが、そうではなく、「物欲がない」、「上昇志向がない」、「恋愛にも興味がない」といった現代の若者気質を表す言葉だというではありませんか!

特徴としては「休日は自宅で過ごす」ことが多く、「無駄遣いはしない」、「結果が分っている事にはトライしない」という傾向が強いと言われています。

 

確かにこの世代の若者は物心ついた頃には既にバブルが崩壊していて、その後の不況の真っただ中を生きてきていますから知らず知らずの内に現実の厳しさを知ってしまっているので、なまじ努力しても夢や希望が叶うことは無いものと諦めきっているのかも知れませんね?

 

でも、それではちょっとばかり寂し過ぎやしませんか?

私とて若い時には確固たる目標に向かって邁進してきたとは言い難いものがありますが、強く願えば願うほど思いは叶うという気持ちを捨てたことはありませんでしたよ。

今の私の生きざまを見て「デカイ事いう割にはその程度のモノかよ!」と評されてしまったら身も蓋もありませんが、例え小さな願いであっても、その願いはどんどん膨らんで大きな夢が実現することだってあるのです。(私の経験から言っているので間違いありません。)

 

20代半ばにおいて、自分の実力を見極めてしまうと云うのは早すぎるような気がするのですがねぇ?

見方によっては堅実と云えるのかも知れませんが…。

 

0 コメント

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。