2014年

8月

31日

縁(えにし)

この店ではなんと言ってもこれに限ります!
この店ではなんと言ってもこれに限ります!

3ヶ月ぶりに「ジム友定例会」を行いました。

皆さん、そんなに忙しい訳ではないのに、なぜか今回に限って時間が空いてしまいました。

7月中旬に私が痛風で倒れたことも一因となっているのでしょうが、せっかくここまで続いてきた定例会ですから、せめて2ヶ月に1回程度は開きたいものですね。

 

まぁ、いざ飲み始めたらそんなブランクは微塵も感じられず、いつものように大盛況でした。

毎日のように顔を合わせている仲間ですから、話すことはないと思うのですが、次から次へと話題が飛んで収拾がつきませんでした。

 

数年前までは顔も知らなかった者同士が、これほどまでに屈託のない笑顔を交わしながら飲み食いしている姿を見ていると、何か計り知れない縁(えにし)と云うものを感じた晩夏の宵でした。

 

0 コメント

2014年

8月

30日

災害報道のあり方

今年の夏も各地で大規模な自然災害が発生してしまいましたね!

特に広島の土砂災害の模様を伝える映像を見たときには言葉を失いました。

たった一晩で町の様子や住民の方たちの暮らしを一変させてしまうのですから、自然の力と云うのは恐ろしいものです。

 

ところで、現地には大勢のマスコミ関係者が出向いていますが、彼らの度を越した取材振りは何とかならないものでしょうか?

今回の災害だけに言える事ではありませんが、大切な人を失った方に質問する内容を聞いてデリカシーの無さに怒りを覚えました。

 

また、現地のコンビニではマスコミ関係者が食料や水を買い占めてしまうため、住民の方たちは隣町のスーパーまで買出しに行っているそうではないですか!

それに、マスコミのヘリコプターの騒音が救助活動の妨げになるという阪神大震災の時の教訓がまったく生かされていませんね。

 

確かにマスコミには現場の状況をいち早く報道する使命感があるのかもしれませんが、一人でも多くの人が助かることを願っているのですから、何かマスコミとして出来ることはなかったのでしょうか?

 

 

 

2 コメント

2014年

8月

29日

2千円札哀歌

最近、2千円札を見たことありますか? 多分無いでしょうね!

私は発行当初に物珍しさもあって手にしたことがありますが、それ以来まったくお付き合いが途絶えています。

私達でさえ、そうなんですから、今時の若者の中には2千円札を見ると偽札だと云って騒ぐ連中も居るそうですよ。

 

沖縄サミットを記念して華々しくデビューした筈が、これほど酷い扱いを受けるとは思ってもみなかったでしょうね?

日本人はもともと15と云う奇数で通貨を管理していたので、偶数が馴染めないと云う説もあるようですが、ただ単に使い勝手が悪いというだけで、皆から毛嫌いされて静かに金庫の中で余生を過ごしているわけですよ!

哀れだと思いませんか?

 

こうなったら、せめて1枚ぐらいは記念としてアルバムにでも貼って、この世に生を受けた証を残してやろうではありませんか?

ちなみに、妻に確認したところ我が家には6枚の2千円札があるといっていました。

1枚は記念として、残りの5枚はどうするつもりなんでしょうかね?

 

1 コメント

2014年

8月

28日

一気に秋モード!!

いっきに涼しくなってきましたねぇ!

今朝は半そでのシャツ1枚では寒いくらいでしたよ。

 

ほんの少し前までは気の遠くなるような猛暑が続いていたのが嘘のようです。

まぁ、凌ぎやすくなったのは結構なことなんですが、老齢の身にはこうした急激な気温の変化に対応していくのが非常に困難になってくるのですよ。

 

健康管理には十二分に気を配っていたつもりでしたが、2~3日前から体調を崩しております。

普通の人なら気にならない程度だと思いますが、人一倍繊細な神経の持ち主である私には一寸した体の変化が瞬時にして把握できてしまうのです。

 

このような時はお酒を抜いて安静にしているのが一番です。

おかげで大分調子が戻ってきましたので、今日からはお酒が飲めそうです。

 

でも、このまま秋に突入してしまうのでしょうか?

それも、なんとなく寂しいものではありませんか?

あまり涼しくなりすぎると今週末に予定している「暑気払い」の気勢が上がらなくなってしまいますからね!

 

0 コメント

2014年

8月

27日

ストレスフリー

パソコンのボランティア活動を辞めてから、約1ヶ月が過ぎました。

自由になる時間が増えたのはもちろんのこと、一番のメリットはストレスから開放されたことでしょうね!

 

我々のパソコン教室は葛飾区との共同事業ですから、区との連携を密にしなければならず、毎月提出する書類の作成が結構労力を要するのです。

それにボランティアといっても、内容は一般企業と同じで景気が悪くなれば(受講者が少なければ)、区としては予算を削らざるを得ませんから、その折衝が大変でした。

 

私は役員として、ひとつのプロジェクトを担当していましたので毎月の受講者の増減には神経をすり減らす思いでした。

今だから言いますが、当時はかなりのプレッシャーを受けていたのですよ!

 

そんな思いをしなくて済むようなりました。

遅ればせながら、これからは「ゆるく、楽しく、ストレスフリーな毎日」を送って行きたいと思っております。

 

2 コメント

2014年

8月

26日

風呂会員

私の通っているジムのお風呂ではありません。
私の通っているジムのお風呂ではありません。

ジムにはトレーニングは一切やらず、お風呂だけが目的で通ってくる会員が数多く存在します。

皆さん、洗面用具を入れた専用のバスケットを手に持って、まるでスーパー銭湯に来ている様な感じでお風呂を楽しんでいます。

 

我々はそれを称して「風呂会員」と呼んでいるのですが、確かに都内だと銭湯料金は460円しますから、毎日は無理でも、月に20回利用するとして9,200円です。

それが、月1万円余の会費でサウナ付のお風呂が1日何回でも使えるとなれば、風呂だけの会員がいても不思議ではないですよね!

自宅の風呂だと水道代やガス代がバカになりませんし、いかにも浴槽が狭い!

その点ジムの湯船では十分手足を伸ばすことができますから、その開放感は絶対に家風呂では味わうことは出来ません。

 

そうなると、トレーニングジムとお風呂の両方を毎日のように利用している私にとって、ジムへ通うことのメリットは計り知れないことになりませんか?

そんな、小さな幸せを噛み締めている今日この頃でございます。

 

0 コメント

2014年

8月

25日

「お通し」を出さない居酒屋

この程度で400円は無いですよね!
この程度で400円は無いですよね!

私がよく呑みに行く店のひとつに「ちょいはな」と云う居酒屋があります。

ここはチェーン店でありながら、料理が一寸した料亭を思わせるほど充実しています。

いつも新鮮な刺身が食べられますし、〆に頂く「十割蕎麦」は老舗のお蕎麦屋さん並の味を楽しむことが出来ます。

 

しかも、値段が安い!

これだけ、コストパフォーマンスの高い店は近隣では珍しいと思います。

 

さらに好感が持てるのは、この店では「お通し」が出てきません。

「お通し」については前から疑問を持っていましたので、このような良心的な店は今時貴重な存在ですよね!

 

私は「お通し」の全てを否定するつもりはありませんが、いつ作ったか分からない不味そうな「マカロニサラダ」や見るからにお粗末な「ほうれん草のお浸し」を勝手に出してきて、3~400円も取るという、店側の神経を疑ってしまうのです。

かといって、「『お通し』はいりません!」と拒否する勇気も持ち合わせていないので、渋々我慢をしているわけですが、こんな思いをしているのは私だけではないと思うのですが?

「ちょいはな」を見習って欲しいものですね!

 

 

2 コメント

2014年

8月

24日

駄作?

昨年から気になっていた東野圭吾の「マスカレードホテル」を読んでみました。

都心の高級ホテルを舞台にしたミステリーですが、結論から言うと最後まで読むのが苦痛になるくらいの駄作でした。

 

推理小説のセオリーどおり、前半に解決への足がかりとなる様々な伏線が張られているのですが、その設定に無理がありすぎて真実味が伝わってこないのです。

もちろん、小説ですから多少荒唐無稽なところがあっても許されるのでしょうが、ストーリーの至るところに矛盾が散見しているのです。

 

ですから、最後に主人公が事件解決のキーになる重要なトリックを見破るきっかけも、なんとも陳腐なこじつけになってしまったのが残念でした。

 

東野圭吾といえば当代随一の売れっ子ですから、たまには平凡な作品が生まれることもあるでしょうが、今回ばかりは間違いなく駄作だと私は思っております。

 

※マスカレード:仮面舞踏会の意

 

0 コメント

2014年

8月

23日

夏バテには天麩羅?

連日の睡眠不足と猛暑の影響ですっかり夏バテ状態に陥っております。

そこで、スタミナを付けるため友人と連れ立って「天麩羅」を食べに行ってきました。(天麩羅がスタミナ回復に効果があるのかどうかは甚だ疑問ではありますが?

 

やはり、寿司と同じで天麩羅もカウンター席で頂くのが一番ですね!

目の前に並べられた食材から好みの品を選んで、揚げ立てのまま食べることが出来るのは日本ならではの食文化といっても過言ではありません。

 

この日は車海老から始まり、アスパラ、きす、アナゴ、そして最後は小海老のかき揚げと云った、この店ではごくスタンダードなコースでしたが、天麩羅の醍醐味を十分堪能することが出来ました。

特に、最後に出てきた小海老のかき揚げは「かき揚げ丼にして下さい!」とお願いしたくなる程美味でした。

「アンタ、痛風のくせして何をそんなに贅沢してんねん?!」と云うご批判もあろうかと思いますが、今回ばかりは超法規的措置と云うことでお目こぼしいただきたくお願いする次第でございます。

 

でも、おかげで体力が甦ってきたような気がします。

残暑も後わずかと思われます。

お互いに頑張りましょうね!

因みに、今回お世話になったのは新宿に本店のあるつな八K支店でした。

 

0 コメント

2014年

8月

21日

東伏見に降りて

私が利用していた頃の駅舎です。
私が利用していた頃の駅舎です。

猛暑の中、所用で久米川まで出掛けたついでに、久しぶりに「東伏見」で途中下車してきました。

葛飾近辺にお住まいの方には馴染みのない駅名だと思いますが、ここにはわが母校の広大な総合グランドがあって、何を隠そう私も4年間野球の練習に通い続けた想い出の場所なのです。

 

当時は、駅前に数件の商店があるだけで駅からグランドが見渡せたくらい殺風景な田舎町だったのですが、今では大学の施設や学生寮が立ち並ぶ巨大なキャンパスタウンに変貌していました。

また、我が準硬式野球部のグランドも人工芝が敷かれ見違えるほど綺麗になっていました。

町を歩いている学生も今風のウエァに身を包み、昔のように詰襟の学生服を着ている若者は一人もいませんでした。

 

でも、ここまで様変わりしてしまうと懐かしさなんて云うものは感じなくなってしまうものですね?

とにかく、昔の面影は何一つ残っていないのですから。

むしろ、来なかったほうが良かったかなと云う気持ちになってしまいました。

 

半世紀近く経てば当然の事ではあるのでしょうが、寂しい思いで帰途についた次第であります。

 

1 コメント

2014年

8月

20日

早寝・早起き

朝の3時といえば昔でいう「丑三つ時」ですね!
朝の3時といえば昔でいう「丑三つ時」ですね!

毎朝5時過ぎに起きてはモコと一緒に家の近所を3~40分ほどブラブラしています。

早起きは三文の徳といいますが、朝早く新鮮な空気を吸い、朝日を浴びると身も心もすっきりしていくような気がします。

それに、1日の中で使える時間が増えるのもメリットの一つではないでしょうか?

最も、夜は早々に床についてしまいますので、トータルすれば遅寝・遅起きの人達と大差ないかもしれませんね?

 

ただし、メリットばかりではありませんよ!

1日の疲れがドッと出て、9時過ぎにはウトウトしてしまいますので映画やドラマ、それにジャイアンツの試合を最後まで見届けることが出来ないのです。

どうしても、観たい番組がある時は録画をしていますが、今度はそれを観る時間がなくて、結局お蔵入りなんていうことがザラにあるのです。

 

でもね、私の早寝・早起きなんて可愛いもので、ジム友の中には毎朝3時起床、そして夜は7時就寝と云う、まるで高野山の修行僧みたいな生活を送っている強者がいます。

さすがの私もこればかりは真似が出来ません。

 

0 コメント

2014年

8月

19日

ボクササイズ

5週間ぶりにボクササイズのレッスンに参加してきました。

ただし、爪先に負荷が掛かると、微かな痛みが走るので思い切り動くことは出来ませんでしたが、知らず知らずのうちに力が入っているのでしょうか、レッスンが終った時には汗びっしょりでした。

 

さすがに、4週連続でレッスンをサボると反動がキツイですね!

しみじみ、体力の衰えを感じました。

それでも、久しぶりにジム友と一緒に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

さて、肝心の足の具合はどうかと云うと、一夜明けた今の状態はすこぶる快調です。

まぁ、これは私が、そう思っているだけで医者に見せたら何と言うか分かりませんが、ひとまずは一安心と云うところです。

 

0 コメント

2014年

8月

18日

完治の瞬間!?

夜中トイレに起きた時、ふと気付くと、なんとなく右足が軽くなっているのです。

寝惚けていますから、俄かに信じられなかったのですが、布団に戻って足を触ってみると、夢か現か幻か、あの不快な親指のこわばりが消えているではないですか!

朝、明るくなってから、しみじみ右足親指を見てみると、微かに残っていた腫れも無く、親指をひねくり回しても痛くも痒くもありません。

苦節1ヶ月!紆余曲折を経てやっと完治の瞬間がやってきたのです。

 

途中、何度も挫折しそうになりましたが、めげずに治療に専念していた甲斐がありました。

それと同時に、「いったん発作が治まった後、摂取するアルコールは量に関わらず回復を妨げる要因にはなり得ない。」と云う私の持論も立証されたことになる訳ですよ!

 

でも、これで油断をしていけませんね。

なにしろ、6年周期で私を苦しめてきた痛風ですから、このままいくと次の攻撃は2020年東京オリンピックの年が最有力と云うことになります。

 

それでも、まだまだ先は長いですから、当分は開放感に浸っていたいと思います。

 

1 コメント

2014年

8月

17日

ジム再開!!

長い(?)お盆休みも終わり、ようやくジムが再開しました。

久しぶりにストレッチマットに身を横たえていたら、なんとなくホッとしました。

ただ、3日間体を動かしていなかったものですから、すっかり硬くなっていて、ほぐすのに一苦労してしまいました。

 

せめて、ストレッチぐらい家でやれば良いと思うのですが、不思議なもので環境と云うか雰囲気が整わないとまったくやる気がしないのですよ。

おかげで、休み前の状態に戻すのに小一時間掛かってしまいました。

 

でも、久しぶりに体を動かした後のサウナは気持ちのよいものですね!

大量の汗を流して身も心もスッキリしました。

 

さぁ、これからジムライフの後半戦が始まります。

皆様のご声援(?)のおかげで前半戦は1日も休むことなくジムへ通うことが出来ました。(連続191日!)

引き続き、記録更新に向かって決意を新たにしているところです。

 

2 コメント

2014年

8月

16日

挨拶について

つい先日の事ですが、ジムのサウナで隣に座っていた二人組みが挨拶の是非について話しを交わしていました。

聞くともなしに聞いていると、″館内で何回も顔を合わせているにも関わらずろくに挨拶も出来ない奴が居る″というような内容でした。

まさに、私のことを言われているようで、一瞬ドキッとしたのですが、どうやら私ではないようでした。

 

ジムでの挨拶については色々意見が分かれると思うのですが、誰彼構わずやたらと挨拶するというのも如何なものでしょうか?

私も入会当初は数多くの人達に挨拶をしたのですが、半数以上の人から無視されて、非常に不愉快な思いをしたことがあります。

 

でも、ジムへ来てまで人間関係に煩わされるのが嫌で挨拶をしたくない人がいても不思議ではありませんからね?

それ以来、こちらから声を掛けるのは極力控えるようになりました。

それとは別にマナーを守らない人や、周囲への配慮が欠けているような人には絶対に声を掛けません。

むしろ顔も合わせないようにしているくらいです。

 

そんな不遜な態度を取る私を快く思っていない人がいるようですが、一切気にしないことにしています。

挨拶が大事なことは重々承知していますが、ジムはあくまでも鍛錬(?)の場ですから、よほど親しくない限り軽く会釈する程度でいいのではないでしょうか?

 

0 コメント

2014年

8月

15日

お盆休みといっても

今週はお盆ウィークということで町全体が静かですねぇ?

TVでも盛んに帰省ラッシュの模様を伝えております。

一方、我が家では、すでにお盆の行事は済ませていますし、帰るべき故郷もありませんから、この時期は何もすることがないのです。

おまけに、ジムも13()~15日(金)の間休みなので手持ち無沙汰になって困っています。

 

私のように毎日体を動かしている者にとって、3日連続休館となると、さすがにフラストレーションが溜まるものです。

でも、こればかりは文句を言っても仕方がないので、愛車のロードレーサーに跨りサイクリングに出掛けようと思ったら、生憎の雨ですよ!

結局モコを隣において一日中TVの前でゴロゴロしてしまいました。

勿体ない事をしてしまいましたね。

体を休めることは出来ましたが、貴重な時間を無為に過ごしてしまったことに非常に悔いが残っております。

 

夕方からはいつもの様にジャイアンツ戦を観ながら晩酌をしたのですが、体を動かしていない分だけ今ひとつ盛り上がりに欠けるものですね!

 

2 コメント

2014年

8月

14日

♪ありのォ~ままでェ~♪

実のところ痛風がまだ完治していないのですよ。

ほぼ1ヶ月経ったと言うのに、なんともお恥ずかしい限りです。

もちろん、痛みや腫れは治まっていますが、親指の周辺のこわばったような感覚が取り切れていないのです。

 

そのため、指先に負担が掛かると、ピリッとした違和感を覚えるので、大事をとってボクササイズのレッスンも、ここ4回連続で欠席しているような状況であります。

これまでは長くても2週間もすれば完全に元に戻ったのですがねぇ・・・。

 

やはり、お酒を併用しながらの治療法には問題があったのかもしれませんね?

私としては、普段通りの生活を続けながら「病」を克服していくつもりだったのですが、どうやら、そう簡単には治らないものですね?

 

でも、ここまで来たら、この状態がどこまで続くのか確認したくなってきましたよ!

このムズムズ感からいつ開放されるのか引き続き経過を観察することにしました。

もちろん、晩酌は継続しながらですよ!

 

何事も、♪ありのオ~ままでェ~♪が大切ですからね!

 

1 コメント

2014年

8月

13日

解体工事

8月早々から始まった隣家の解体工事がやっと終わりました。

正直、ホッとしています。

家屋の撤去の際はそれほどで気にならなかったのですが、基礎部分のコンクリートを剥がす時の騒音と震度12程度の振動は結構ストレスになりましたからね。

 

でも、この暑い最中汗みどろで作業している人達はさぞかし大変だったろうと思います。

たまに窓から現場を覗いていたのですが、これは普通の人には絶対真似が出来ることではありませんでした。

人並み以上の体力はもちろん、根気も必要だということが分かりました。

 

何故かというと、昔と違って今は「建設リサイクル法」なるものが施行されていますから、一般家庭と同じように廃材を分別して処理しなければならないからです。

山のように積まれた廃材を一つ一つ分ける作業は見ていて気の毒になるくらいでした。

 

とにかく無事に終わって何よりです。

最終日には解体業者がメロン、建設会社が菓子折りを持って挨拶にやってきました。

 

もちろん、お互い様ですから文句を言うつもり等毛頭ありませんでしたが、こうした誠意を見せられると、なんとなく心が和むものですね!

 

2 コメント

2014年

8月

12日

高校野球開幕!

夏の高校野球選手権大会が始まりました。

高校野球の面白いところはプロと違って1度負けたら終わりですから、いくら点差が開いても決して諦めないところにあります。

とにかく、最終回に10点差ガあっても、涙を浮かべながら必死になってチームメイトを応援する姿を見せられると、こちらまで胸がジ~ンときてしまいます。

それに贔屓のチームがあるわけではないので、純粋に彼たちのプレーを楽しむことが出来るというのも面白さの一つではないでしょうかね!

 

その反面NHKのアナウンサーと解説者が過剰なまでに選手のプレーを美化することには呆れてしまいますがね。

 

いずれにしても、これから2週間にわたって繰り広げられる熱戦の数々が楽しみでなりません。

 

最後に、爺バカであることは重々承知していますが、ひたむきにプレーする球児達を見ていると、ついつい孫のルイージのイメージをダブらせてしまうのですよ!

 

お後が宜しいようで!

 

0 コメント

2014年

8月

11日

東京ドームのビール

何年振りでしょうか?

久しぶりに東京ドームでジャイアンツのゲームを観戦してきました。

最近は電車に乗るのが億劫なので、もっぱらTV観戦を決め込んでいたのですが、やはり、現場で観るのとは迫力が違いますね!

 

ネット裏の席だったのでボールがミットに納まる「パシ~ン!」と云う音や打球の音ガよ~く聞こえました。

さすがプロの技というのを堪能してきました。

 

試合内容については、興味がない方も居ると思いますので置いておく事にして、今回ドームに足を運んでびっくりしたことがありましたのでお伝えします。

 

野球観戦のお供といえば、なんと言ってもビールですが、ここ東京ドームのビールは、なんと一杯800円もします。

しかも、容器が大振りのコップ程度で、上の部分は泡ですから私なら一口で飲めそうなくらいの量なんですよ!(以前は倍以上の大きさでした。)

若いオネェちゃんが、すぐそばに来て注いでくれるのを差し引いても高すぎやしませんかね?

 

幸か不幸か、今の私はビールを飲むのを控えていますから被害(?)には遭いませんでしたが、まるで新宿あたりのボッタくりバーと変わりませんよ!

にも、関わらずビールは飛ぶように売れていました。

集客力のある東京ドームならではの商法だとは思いますが、もう少し良心的に出来ないものでしょうか?

ちなみに私は予め焼酎の水割りをポットに入れて持参しチビチビやりました。

 

3 コメント

2014年

8月

10日

トマト泥棒?

23ヶ月前からトマトの酸味が鼻について、急に食べるのが苦痛になってきました。

これまでトマトは好きな野菜のひとつだったのがどうしたのでしょうかね?

食べ物の嗜好が変わったわけではないと思うのですが、野菜サラダの中にトマトのスライスが入っているのを見るだけで箸が出なくなってしまうのです。

 

ところで、トマトといえば、その昔小学校の通学路の途中に大きなトマト畑があり、それこそ何百個のトマトが枝もたわわに実っていました。

中には真っ赤に熟して落ちる寸前のトマトがあって、子供心にもこれは売り物にならないと判断したのでしょう。

「このまま腐らせてしまうのは勿体ない!」と人目も憚らず、もぎって食べさせて頂いておりました。

小川の水で表面をサラッと洗って、かぶり付くトマトは甘みがあって実に美味しかったですよ!

畑のトマトは食糧事情の悪い当時のビタミンCの補給源だったのです。

 

でも、今でこそ時効になったから言えることですが、これはれっきとしたトマト泥棒(窃盗)ですよね?

最近トマトが美味しく食べられなくなったのは、当時の報いが今頃になって現れてきたのかもしれません。

食卓に並んだプチトマトを見て、ふと大昔のことを想い出してしまいました。

 

2 コメント

2014年

8月

09日

児童館で

久しぶりに孫のルイージを預かることになったので、近所にある児童館に遊びに連れて行ってみました。

生憎、同年代の子供が居なくてお兄ちゃんやお姉ちゃんばかりでしたが、そこは共に幼児のことですから初対面同士、すぐ打ち解けて仲良く遊んでくれました。

 

ルイージもわずかの間に随分逞しくなったものです。

1年前にはヨチヨチ歩きだったのが、今では年上のお兄ちゃん達と臆することなく遊ぶことが出来るようになったのですからね。

今流行のプラレールやブロックを使って、ひたすら遊び続けていました。

 

その後、家に戻ってからが大変でした。

とにかく、動きが素早くなって何を仕出かすか分かりませんから目が離せないのです。

注意はしているのですが、まるで我々をからかっているかのように隙を狙っては危険なことに手を出してくれるのです。

今回は二階の窓を開けて体を乗り出そうとしていました。

もちろん大事には至りませんでしたが、一瞬心臓が止まる思いでした。

毎日相手にしている母親はさぞかし大変なことでしょうね?

夜遅くなってから親が戻ってきたときには、肩の力が抜けてドッと晩酌の酔いが回ってきてしまいました。

 

1 コメント

2014年

8月

08日

送別会

先月いっぱいで退会したパソコン教室の仲間が送別会を開いてくれました。

場所は事務所の近くにある「てっぺん屋」という居酒屋さんです。

講師活動をしていた頃は仲間と連れ立ってよくきた店ですが、まさかここで送別会をやろうとは夢にも思いませんでした。

 

退会届を出したときには何の感慨もなく、むしろスッキリしていたのですが、こうして一献傾けながら当時の思い出話をしているとさすがに胸に熱いものがわいてきました。

 

さて、この「てっぺん屋」と云う店は料理すべてにボリュームがあることで有名だったのですが、久しぶりに来て見たら、ごく普通の量に様変わりしていました。

初めてこの店へ来た時に「刺身の盛り合わせ」を人数分頼んだところ、洗面器のような皿に盛られた刺身が出てきて目を白黒させた覚えがあるのですが、これも時代の流れなのでしょうかね?

 

足の調子も大分回復してきたこともあり、ついつい思い出話に花が咲き久々にほろ酔い気分を味わうことが出来ました。

 

2 コメント

2014年

8月

07日

自主トレ?

ここのところ尋常ではない暑い日が続いていますね!

肌を刺すような強い日差しとムッとくる熱気に包まれていると、まるで生まれ故郷のセブ島にいるような感じを受ける今日この頃です。

 

たぶん、この暑さの影響でしょうね!ジムへ行くと涼を求めてくる会員さんで館内はイモ洗いに近い状態です。

特に午前中の早い時間は高齢者の社交場といっても過言ではないくらいの人たちで溢れかえっています。

 

ヨガやフラダンスをやったり、軽い筋トレをしている人たちを拝見していると、皆さん本当にお元気そうで何よりですね。

レッスンが終われば、仲の良い友達を見つけてはお喋りに打ち興じています。

 

そりゃ~そうでしょうね?

一人ぼっちで家でジッとしているより空調の効いている快適な場所で仲間と一緒にいるほうがどれだけ楽しいかは云うまでもありません。

 

中には、朝早くからジムへ来て体を動かし、持参のお弁当で昼食をとった後はロビーでお茶を飲んで過ごし、サウナに入ってから夕刻になったら家に戻る・・・。

そんな有意義にジムを利用している人もいるそうです。

 

そうした光景を眺めていると、今やジムというのは「デイサービス予備軍」の人達のための「自主トレの場」になっているような気がしてきました。

 

でも、これは決して他人事ではありませんよ!

誰にも必ず訪れる日が来るのですから、何らかの形で今から自主トレに励んでおかないと後悔するかもしれませんよ。

 

1 コメント

2014年

8月

06日

快気祝い?

今回お世話になった「寿司源」さんです。
今回お世話になった「寿司源」さんです。

海外旅行に出掛ける友人夫妻の「壮行会」と私の「快気祝い」を兼ねて、久しぶりにお寿司屋さんに行ってきました。

壮行会はともかく、快気祝いと云うのは、まだちょっと早い気がするのですが、何事も早いに越した事はないということで強行した次第です。

 

やはり、寿司はいいですよねぇ!

カウンター席に座り自分の好みの新鮮なネタを刺身や、握りにして貰うというのは日本ならではのなんとも贅沢な食べ方ではありませんか?

 

でも、最近の私はお好みで食べるのを控えて「上握り」1人前といってオーダーする事にしています。

お好みだとどうしても自分の好きなものばかり頼むので、栄養のバランス(?)が崩れるし、値段が高くなってしまいますからね。

 

ところで、大分前にご紹介したかと思うのですが、私は寿司を摘みながらチビチビと酒を飲むのが大好きなんですよ。

お腹が張って酒が不味くなるという意見もありますが、私にとっては最高の贅沢だと思っています。

 

と云うことで、未だに取れない足の違和感も忘れて、心行くまでお寿司を堪能してまいりました。

 

0 コメント

2014年

8月

05日

エアコンクリーニング

15年間使い続けてきたエアコンの調子が悪くなってきました。

やむを得ずクリーニングを依頼することにしたのですが、我が家のエアコンはビルトインタイプなので結構費用が掛かるらしいのです。

 

そこで、まずは相場を調べるために近所のハウスクリーニング店から見積もりを取ってみました。

予想通り、かなり高額の値段を提示されました。

もちろん、「はい!そうですか。」といって頼むつもりはありませんよ。

 

早速、提示された価格を基にインターネットで同業他社の傾向を調べてみました。

大手から無名なところまで、何社もあって価格もまちまちでしたが、こんなとき参考になるのが「クチコミ」というやつです。

100%信用するわけではありませんが、やはり評判のよい店に越した事はありませんからね。

墨田区にあるAと云う業者に依頼することにしました。

さらに値段を調べてみると、近所の店のほぼ半額なんですよ。

 

安かろう、悪かろうという思いが一瞬頭の中をよぎりましたが、立ち会った妻に言わせると、実に丁寧な仕事ぶりだったそうです。

 

こうして、ちょっとパソコンで調べるだけで何万円も節約できるのですから、今更ながらにインターネットの利便性を感じました。

 

ところで、15年間クリーニングもしないで放っておいたエアコンの内部は想像を絶する汚れ方で見ていて寒気がするほどだったと妻が申しておりました。

お心当たりの方はぜひ早めのクリーニングをお勧めします。

 

0 コメント

2014年

8月

04日

岩牡蠣

知人から岩牡蠣をいただきました。

ご存知のように、牡蠣はJanuary1月)とかSeptember(9)とかRの付かない月には食べないほうが好いと言われていますが、岩牡蠣は"夏牡蠣と云われくらいで、今が旬の食材なのです。

 

知人からは生のまま食べると、より美味しいと言われましたが、私の胃は非常に繊細なので、大事をとって焼き牡蠣にして頂きました。

焼き牡蠣といっても、レンジで23分加熱して殻がゆっくりと開いてきたらOKです。

磯の香りがプ~ンと漂い、ごつごつとした外見からは想像も出来ないようなプリッとした食感とクリーミーな味が何とも言えませんでしたよ。

 

幾らでも食べられそうでしたが、体の状況が状況なだけに2ヶ頂いたところで止めておきました。(牛・豚肉よりもプリン体が多いのです。)

でも、美味しいものほど体に悪いというのはどうしたわけでしょうかね?(私の場合、ビール、中トロ、カルビ、トンカツ等揚げ物が大好きなのです。)

 

「健康になりたければ自分の嫌いなものを食べなさい。」と云う話を聞いたことがありますが、それでは、余りにも寂し過ぎやしませんかね?

いずれにしても、今回の岩牡蠣とビールの影響で目前に迫っていた痛風完治までの時間が先送りになったことだけは間違いないでしょうね!

 

2 コメント

2014年

8月

03日

回復度チェック

痛風発症から、かれこれ2週間余が経ちました。

今回は長かったですねぇ!

それでも節制に節制を重ねた結果、ようやく快方に向かってきました。

そこで、どの程度まで回復したかをチェックすることにしました。

 

「アルコール代謝患部触診法」と言って私が35年間の闘病生活の中で開発した検査方法です。

ただし、検査方法を間違えると再発する可能性があるので、念のため友人に付き添って貰い、検査会場である某居酒屋に向かいました。

 

検査方法は、焼酎の水割り(極薄いもの)を1杯飲む毎に患部に手を添えて表面温度の変化を確認するというごく原始的な方法ですが、これが結構効果的なのですよ。

もちろん、多少プリン体の含まれたつまみも用意しないと正確性にかけるので、この日はヒラメ・カンパチ・鯛の刺身、鶏ささ身のサラダ、それとかき揚という、ごく一般的な居酒屋メニューを揃えてもらいました。

結局、水割り3杯飲んだところでテストは終了しましたが、特に異常は感じられませんでした。

 

これで、第1次検査は無事にパスしたことになります。

今夜は、第2次検査として焼酎に加えて、痛風の天敵とされるビールを織り交ぜてみることにします。

それをクリアーできたら、次は日本酒を加え、さらに難度の高い検査を続けて行く予定です。

 

心置きなく飲める日がすぐそこまで近づいてきたような気がします。

 

0 コメント

2014年

8月

02日

肥満犬

飼い主が痛風で苦しんでいるのを見て付き合ってくれたわけではないと思うのですが、モコに皮膚病の疑いがあり、動物病院に行ってきました。

とにかく、前足が痒いのか、やたらと足を舐めまくるので、唾液のせいでしょうね、毛の色が変わってしまったのです。

 

検査の結果、皮膚病ではないことが判明しましたが、獣医さんから、かなりの肥満症であるという指摘を受けてしまいました。

それほどデブには見えないのですが犬種(マルチーズ)からすると、標準体重をかなりオーバーしているらしいのです。

 

早速、獣医の指示通り、食事の量を減らしてみたのですが、あまりの少なさに呆然自失しているモコの姿を見ていると不憫でなりません。

まぁ、本人のためだと思い、今は涙を呑んで見守っているところです。

 

どこまで、減量すればいいのか分かりませんが、1週間後に再チェックがあるということですから、それまでには成果を挙げたいと思っております。

 

0 コメント

2014年

8月

01日

健康優良爺?

クリックすると拡大します。
クリックすると拡大します。

7月初めに行った「健康診断」の結果が出ました。

予想通り(?)尿酸値以外の数値はすべてAランクでした。

特に中性脂肪、コレステロール及び肝機能の値が年々改善されている事についてはドクターもびっくりしていました。

普通は中性脂肪やコレステロールは加齢とともに増加する傾向にある筈なのに、私のように逆に少なくなっていく例は滅多にないと絶賛されてしまいました。

 

もちろん、その言葉をそのまま鵜呑みにするつもりはありませんが、一応向こう1年間は安心してお酒を飲める「お墨付き」を貰ったようなものですから、まずはホッとしているところです。

 

とにかく、健康でいられるというのは有難いことですよね?

こればかりは、いくら金があっても買うことが出来ませんからね。

今回はたまたま通風の発作が出て往生こいておりますので、尚更健康の有難味を感じている次第です。

 

健康がすべてとは申しませんが、何をするにも基本になるのは健康です。

ぜひとも、健康であり続けることが出来るように努力しようではありませんか!

 

1 コメント

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。