2015年

9月

30日

ベビーカー事件

一昨日、ベビーカーが邪魔だと云って乗っている1歳の幼児の頭を殴った男が逮捕されるという信じられない事件が起こりました。

理由はどうあれ、この男のしたことは決して許すことは出来ませんがベビーカー側に全く非はなかったのでしょうか?


私は以前混雑した電車の中へ強引に乗り込んできたベビーカーの車輪で足を踏まれた経験があります。

最近のベビーカーは快適性を高めるため大きくて頑丈に出来ていますから、結構痛かったですよ!

ところが、ベビーカーを押していた女性は廻りが避けるのが当たり前という顔をして謝罪の言葉ひとつありませんでした。


赤ちゃんや小さな子供を守るのは当然の事ですが、駅構内や電車の中など混雑している場所ではベビーカーの利用者も一方的に甘えるだけではなく、お互いに配慮しないと思わぬトラブルに発展しかねません。

自分では慣れているつもりで利用しているベビーカーも使い方によっては周囲に迷惑をかけていることを忘れないで欲しいものですね。


4 コメント

2015年

9月

29日

健康はお金で買う時代に!?

私の通っているジムには「パーソナルストレッチ」といって自分自身では伸ばすことのできない箇所のストレッチをトレーナーがマンツーマンで行ってくれる有料のサービスがあります。


疲労回復や姿勢改善はもとよりダイエットにも効果があるということで、最近は定期的にストレッチを受ける会員が非常に多くなりました。

効果があると見えて毎週のように通ってくる会員が増えています。

それにしても、料金が高額にも関わらず皆さんよく続くなぁと感心してしまうのです。

時間にもよりますが、月に2~3回受けたら軽く月会費をオーバーしてしまいますからね!


私のように限られた予算の中で健康を維持・管理している者にとっては到底考えられないのですよ。

もはや健康はお金で買う時代になってしまったのでしょうか?


0 コメント

2015年

9月

28日

秋バテ!?

朝晩めっきり涼しくなりましたね。

凌ぎ易くなったのは大歓迎なのですが、秋口になった途端にドッと疲れが出始めてだるさが取れなくなりました。


食欲もあるし、お酒も美味しく飲んでいますから生活自体に影響はありませんが、なんとなく気分が滅入っております。

夏場に無理をしたつもりは無いのですが、知らず知らずのうちに疲労が蓄積されてしまったのでしょうか?

これは「休め!」という自分の身体からのサインかも知れませんね!

大事に至る前に少し自重する事にします。


0 コメント

2015年

9月

27日

ストーカー

更衣室で着替えをしていると、知り合いのインストラクターA君がやってきて、「最近、ある女性会員からストーカー行為をされて困っているんですが、どうしたらいいでしょうか?」と相談されてしまいました。


彼はダンス系のインストラクターとして都内のジム数箇所でレッスンを行っているのですが、彼の担当するすべてのレッスンに参加して来るそうなんです。

それだけならともかく、彼が移動する際も同じ車両に乗り込んできて彼をジッと見つめているといいますから、かなり本格的なストーカーですよね!


でも、今のところ法に触れるような行為はされていないので静観しているほかはなさそうですが、エスカレートしていかなければいいのですがねぇ!

いままでこんな経験はしたことがないので、適切なアドバイスは出来ませんでしたが、毅然とした態度で臨むよう激励(?)しておきました。


0 コメント

2015年

9月

26日

雨の日もまた楽し!

雨の日は基本的に徒歩でジムへ向かうのですが、よほどの土砂降りでもない限り雨の中を歩くのもなかなか風情があるものですよ。


なんとなく空気がきれいになったような気がしますし、道端の濡れそぼった草花や、水溜りに映る町並み等、晴れた日とは一味違う町の雰囲気に浸ることができますからね!

それに幼稚園帰りの小さな子供たちが色とりどりの傘を差してお母さんの後をフラフラしながら付いて行く姿を見ると思わず口元が緩んでしまいます。


憂鬱だなぁ!と思って行動を起こさないのは簡単なことですが、ちょっと発想を変えてみると意外と新しい発見に出会えるものですね!


2 コメント

2015年

9月

25日

市中引き回し!

先日の豪雨で多大な被害を受けた常総市ですが、今度は住民不在の隙を狙った“火事場泥棒“とも云える空き巣が横行しているそうです。


連休を返上して多数のボランティアが復旧作業を続けている中で盗みを働くなどとは、とても人間の仕業とは思えませんね!

しかも、自衛隊や消防の制服みたいなものを着てカモフラージュしていると云うのですから悪質極まりありません。


地元の人の不安と失望は察するに余りあります。

もし、犯人が捕まっても罪名は単なる窃盗ですからたいした罪には問われないんでしょうね?

でも、それではあんまりですよ! 

こうして人の弱みに付け込んで犯した犯罪は″市中引き回し″の上、罪の重さは倍付けにしても良いくらいの憎むべき犯罪だと思いますが如何でしょうか?


0 コメント

2015年

9月

24日

三角折り

ホテルやレストランのトイレに入るとトイレットペーパーがキレイに「三角折り」にしてあるのを見ることがありますよね。


もともとは某一流ホテルが個室の清掃終了済みのサインとして使っていたものですが、見た目もスッキリしているし、次の人への心遣いということで「三角折り」はマナーと思われているようですが、不特定多数の人が使うトイレでは嫌う人が多いようですよ。

誰の手で折られたのか分からないのは不潔だというわけです。

極端な人になるとホテルのトイレでさえも「三角折り」の部分は切り取ってしまうそうですよ!


そこまでいくと便器に座ることすら出来なくなってしまいませんかね?

確かに日本人は世界でも有数の清潔好きな国民ですから、分からないでもありませんが余り神経質になると外出も儘ならなくなってしまいますよね!


0 コメント

2015年

9月

23日

サウナの温度が?

ジムのサウナの中での会話です。

「ここのサウナは温度が低いね?」 

「そうなんだよ。そのくせ水風呂はぬるいし、全体的にサービスが悪すぎるよ!」


確かにこの人たちにとっては適温ではないのかもしれませんが、熱いとか冷たいというのは人によって感じ方が違いますからね。

すべての会員に受け入れられる環境を設定するのはなかなか難しい事だと思いますよ。

ジム側としても何らかのデータをもとにサウナや水風呂の温度を調整している筈です。

それを、あたかもジム側が無策であるが如く述べ立てるのは如何なものでしょうか?


まぁ、どうでもいい話なんですけどね。

ただ、私個人としてはこのジムが気に入っているだけに、おいそれと聞き流すことが出来なかったのです。


0 コメント

2015年

9月

22日

気配り

4月に社会人としてスタートした元スタッフのMさんが6ヶ月ぶりに赴任先の名古屋からジムへ遊びにやってきました。

トレーニングルームに入る私の姿を見るや否や満面の笑みをたたえながら駆け寄ってきてくれました。


ともすれば、若者たちには敬遠されがちの爺さんに笑顔を見せてくれるだけでも嬉しいのに、名古屋名物だと云って煎餅までお土産に持ってきてくれたのです。

自分の父親よりはるかに歳を食った私のような者にこれだけの気配りができる娘さんは今時珍しいですよね!

年齢だけで人を判断しない彼女の人柄に年甲斐もなく感動してしまいましたよ。


親元を離れて一人暮らしをしているそうですが、体に気をつけて頑張ってくださいね!

将来はきっと良いお嫁さんになれますよ。


2 コメント

2015年

9月

21日

ワイン試飲会

友人に誘われてワインの試飲会なるものに行ってきました。

某大手デパートの中にあるワインショップが定期的に行っているイベントで、ワイン購入の参考にする目的もありますが、我々には手が届かないような高価なワインを格安の値段で試飲する事が出来るのです。


この日はイタリアのなにやら難しい名前の6種類のワインを試してみることにしました。

私のようにワインに関してはズブの素人にも店員さんが丁寧に解説してくれるので、飲み比べてみるうちに6種類のワインの味と香りの違いが多少ですが分かるようになりました。

試飲ですからそれほどの量はありませんが、それでも6杯も飲むとかなり良い気持ちになってしまいましたよ。


それにしても、ワインと云うのは奥の深いものなんですねぇ!

0 コメント

2015年

9月

20日

墓参り

彼岸の墓参りに行ってきました。

5連休の初日と重なったため、行楽と墓参りの車が交錯して霊園に向かう道路は大混雑して到着まで一苦労してしまいました。


さて、毎度の事ですが墓石をキレイに掃除して、お供え物を備え、お線香を上げると心が穏やかになるものですね!

日本ならではの良き風習と云えるのではないでしょうか?


滞りなく墓参りを済ませた後は、恒例となったインドカレーの店タァバンでランチを取りました。

最近は孫のルイージもすっかりこの店のカレーが気に入ったようで、驚くほどの量の「ナン」をルーに付けながら平らげていました。


こうして家族揃って食事が出来るというのは、なによりです。

傍目から見れば些細なことかも知れませんが、歳を取ってくると家族と共に過ごす、ひとつひとつの出来事が貴重な思い出になるのでございます。

“秋晴れの爽やかな~”というには少々暑すぎましたが、有意義な1日になりました。

2 コメント

2015年

9月

19日

平和ボケ

安全保障関連法案(安保法案)が大荒れの末、成立しましたね!

反対派からは「戦争法案」だという声が上がっていましたが、私には何故安保法案成立=戦争・徴兵という論理になるのかが理解できないのです。


1951年にアメリカと安全保障条約が締結されてから64年が経ちますが、これまで日本が戦争に巻き込まれた事は一度もありません。

これはアメリカ(米軍)の後ろ盾が大きく影響していることは間違いありません。

今回、内容を見直して日米同盟をさらに強固にすることによって戦争を抑止しようとする法案に反対する理由はないと思うのですがねぇ。


戦争反対は誰しもが願うことではありますが、隣国の中国、韓国そして北朝鮮の動向を含め世界情勢は昔とは大きく変化してきていることを忘れてはいけません。

余りにも平和にこだわりすぎて、グローバルな視野を狭くすることの方がもっと危険ではないでしょうか?

この際、平和ボケした日本を見直して、自国の防衛は自身がきちんと行わなければならない時期にきていると私は考えているのですが・・・。

2 コメント

2015年

9月

18日

二度読み

先日、私の好きな小説家の一人である奥田英郎の「邪魔」がテレビドラマ化されました。


原作が非常に面白かったので楽しみにドラマを観たのですが、1000ページにも及ぶ長編小説を2時間で表現するというのは難しいようで、今ひとつの仕上がりでした。


観た後、なんとなく物足りなさが残ったものですから、改めて原作を読み返してみました。

同じ本を二回読んでもつまらないと思うでしょうが、それが意外と面白いのですよ!

最初に読んだ時は単にストリー展開を追うだけで精一杯だったのが二回目になると余裕が出てきて作者の意図した登場人物の心情が把握出来るようになり、全然飽きることなく一気に読み終えてしまいました。


確か10年前位の作品でしたが、全然古さを感じさせませんでした。

今日は書棚を漁って、昔読んだ本の中で面白そうなモノを引っ張り出そうと思っています。

“小説の二度読み”お勧めします。

2 コメント

2015年

9月

17日

お遍路さん

私の友人が本日から「四国八十八ヶ所」巡礼の旅に出ることになりました。

いわゆる「お遍路さん」と呼ばれるものです。


巡る順番や札所の数、服装などは自由だそうですが、友人は白衣、金剛杖それに菅笠を準備して出来るだけ多くの札所を巡るつもりだと云う事ですから本格的な「お遍路さん」と云うことになりますね。

不信心で面倒くさがりの私には想像するだけで気が遠くなりそうです。


どのような心境の変化があったのか聞いてみたかったのですが、遍路には「気軽に遍路目的を語るべきではないし、ましてや訊くべきではない。」と言う不文律がキチンと残っているということなので、聞くことはできませんでした。


あとは無事に本懐を遂げて帰京されることを願うだけです。

道中、お気をつけて行ってらっしゃい!

0 コメント

2015年

9月

16日

マイナンバー制度

マイナンバー制度に関する説明会に参加してきました。

201611日より運用が始まるわけですが、まだピンとこない方のために受け売りですが要旨だけをご説明したいと思います。


マイナンバーとは住民票を有するすべての国民一人ひとりに与えられる12桁の番号をいいます。

そして、その目的はというと、「複数の機関(例:区役所・税務署)に存在する個人情報を同一人の情報であることを確認するために活用されるもの。」

そのメリットとして行政の効率化とか国民の利便性の向上といったところが挙げられていますが、あまりにも抽象的過ぎて理解できませんでした。


(ここまでが講習会での説明で、以下は私の見解ですからご承知置きください。)


ところが、マニュアルを読み進んでいくうちに、これは国民のためというより「国民の所得のより正確な補足。」つまり国は生活保護の不正受給等を防止するだけではなく、我々国民全員の所得を完全に把握して税金の取りっぱぐれをなくすのが真の目的だという思いに至ったわけです。


例えば1億円の金融資産(現金・預金・株式等)があっても、給与・事業等の所得がない限り「低所得者」と認定され低所得者向けの給付金が支給されたり、社会保険料の負担が少なくなっていました。

マイナンバー制度が導入されると資産も考慮される可能性が出てくるのです。

そうなると、タンス預金以外の金はすべて国に把握されてしまうことになってしまうのです。


とかく、法制度と云うものはすべて国(行政)側の都合のいいように制定されていますから、マイナンバー制度も我々国民にとっては殆どメリットがないと考えて間違いないようですよ!

2 コメント

2015年

9月

15日

浅草ブラリ旅 Part-2

6月に引き続き、旧友と連れ立って浅草に行ってきました。

平日の昼過ぎ、雷門から浅草寺へ向けての参道は人の波で溢れていました。


そして、その大半がC国を中心とした外国人なのです。

地元の景気浮揚には喜ばしいことなのでしょうが、傍若無人に参道をうろつく彼らの姿を見ていると、少なからず憤りを覚えるのであります。

さて、観光客の喧騒を後に我々が向かった先は伝法院通りの先に立ち並ぶ居酒屋です。

まだ、お天道様は真上のあるというのに、その一角だけは多くの酔客の醸し出す一種独特の雰囲気に包まれていました。


ところで、昼酒というのは我々オッサンの特権だと思っていたのですが、席へ就いてビックリしました。

ほぼ満席の店内でオッサンとおぼしきグループは私たちだけでした。

しかも、若いカップルがチラホラ見受けられるのですよ。

若い女性が昼日中からジョッキを傾けるなどと云うのは時代が変わったとい一言で片付けていいのでしょうかね?


その後は六区の串揚げ屋、国際通りのお好み焼屋と飲み歩き最後に向かったのが寿司屋通りにあるお寿司屋さんです。

店構えが高級そうだったので、入るのに一瞬躊躇したのですが、案の定ボラれました。

と言うか、我々がよっぽど粋な客(?)に見えたのか、高そうなネタばかり勧めてくるのです。

よせばいいのに、「オッ!いいねぇ!」なんて云いながら、勧められるがままに頼んでしまうものですから、会計の際には予想以上の金額を支払う羽目になってしまいました。

というわけで、午後1時から7時までの6時間にわたって浅草ブラリ旅を堪能してまいりました。

0 コメント

2015年

9月

14日

為せば成る!?

これまで、ジムではストレッチと有酸素運動が中心で筋トレは申し訳程度に行うだけで重きを置いていませんでした。


なぜならば、健康維持が目的なので自転車漕ぎやウォーキング等の有酸素運動とストレッチだけで十分だと思っていたからです。

ところが、歳を取る毎に体力が衰えバランス感覚が失われるのは筋肉が萎縮してしまうからで、筋肉を鍛えることにより老化の速度を遅らせるためには高齢者こそ筋トレが必要であるという説が雑誌に掲載されていました。


これはもっともな意見ですよね。

歳を取って、腰が曲がったり、猫背になったりするのは骨が曲がるのではなく、腰や背骨を支える筋肉が萎縮して体重を支えられなくなるのが原因ですからね。

遅ればせながら、私も日々のトレーニングメニューに筋トレを取り入れることにします。

“何をいまさら!”と思うかもしれませんが、やってみなければ何も変わらないということですよ!


時間はタップリあるのですから、良いと思ったことは積極的に取り組むようにしたいと思うのであります。

「為せば成る、為さねば成らぬ何事も~」ということです。

0 コメント

2015年

9月

13日

国勢調査はインターネットで!

国勢調査をインターネットで済ませました。

期限は920日ですが、どうせやらなきゃならないことですからね。


操作はいたって簡単で画面の指示に従って入力するだけです。

送信するまでに要した時間は15分足らずだったでしょうか?

インターネット回答は今回が初めてだったので、少なからず不安があったのですが、これなら多少パソコンをいじった人なら誰でも簡単にできると思います。


920日までにインターネットでの回答が無かった所帯には、改めて調査票の配布・回収と面倒くさいことになりますから、早めにインターネットを利用する事をお勧めします。

なお、スマホからも出来るそうですよ。

2 コメント

2015年

9月

12日

トラウマ

記録的な豪雨による被害が大変な事になってしまいました。

自然災害は決して人間にはコントロール出来ないところに怖さがありますね。


こうした災害の模様を目にするたびに、否が応にも私自身が大型台風に遭遇して九死に一生を得たときのことを思い出してしまいます。

8年前の7月私はフィリピンのパナイ島に住む友人宅でのんびりバカンスを楽しんでいました。


そんなある日の事、フィリピンでも例を見ないという大型台風に見舞われ、友人宅はあっという間に床上浸水してしまいました。

電気・水・ガスはすべて遮断され真っ暗闇の中、太ももまで迫ってきた泥水に浸かり夜を明かしたのです。


それだけでも十分恐怖を味わったのですが、それよりも東京の家族と連絡が取れないことで心が折れそうになりました。

もし、私がそのまま溺死したとしても家族に伝わる術が無いわけですからね。


夜が明けて多少気が楽になったものの一歩も外へ出る事はできないし、冷蔵庫は流されて口に出来るものといえば買い置きのミネラルウォターだけでした。

もちろん、救助隊など来るはずもありません。

3日目になり、やっとの思いで空港近くの小さなホテルに避難する事が出来ましたが、その時の記憶はトラウマとなって脳裏に焼きついているのです。

2 コメント

2015年

9月

11日

ご飯はまだですか?

しばらく会わずにいる知人の名前や昨日の夜食べたものを咄嗟に思い出せないことはありませんか?


最近、このようなちょっとした物忘れが多くなってきたのですよ!

これはボケ(認知症)の前兆ではないかと心配になったので調べて見ました。

人の名前や食べたモノを忘れるのは脳の老化が原因で病気による現象ではないそうです。

歳を取れば忘れっぽくなるのは当然のことと考えて良いようです。


問題なのは人の名前どころか、その人が誰なのか分からなくなったり、昨日の夜何を食べたかはもちろん、そもそも夕食を食べた事すら思い出せなくなることなんです。

さらに症状が進むと自分がしたことはすべて忘れてしまうと云いますから怖いですよねぇ!


いつの日か、この私が「ご飯はまだですか?」と言いながら妻の周りをウロウロするかと思うと背筋が寒くなってきてしまいました。

0 コメント

2015年

9月

10日

足が!

昨日から激しい雨が続いていますね!

お勤め方は気をつけてお出かけください。


さて、雨とは全く関係ない話なんですが、2ヶ月ほど前から足がどんどん細くなってきてしまいました。

ジーパンを穿くと太ももの部分が以前に比べかなり細くなったのがはっきり分かります。


余分な肉が落ちたのかも知れませんが、女性ならともかく男の足が余り細いというのも見栄えが良くありませんよね。

一般的に歳を取ると運動不足になりがちで足が細くなると言われていますが、私の場合運動不足ということは有り得ませんから原因が分かりません。

足よりも腹回りをスッキリさせるべく、日夜腐心していると云うのに思うようにはいかないものですね!

0 コメント

2015年

9月

09日

バスの中で

昨日、ジムの帰りに利用したバスの運転手は非常に感じの良い人でした。


バスの運転手の接客マナーは一頃に比べるとかなり改善されては来ているようですが、この人は一味違いましたね!

年の頃は50歳前後でしょうか、とにかく言葉遣いが優しくて丁寧なんですよ。


到着時間が2~3分遅れただけなのに、「雨の中を長い間お待たせしました。」から始まり、乗り込む客一人ひとりに「足元にお気をつけください。」と声を掛けていました。

特別なことを言っているわけではありませんが、話し方になぜか好感が持てるのです。


10分にも満たない短い時間でしたが、非常に爽やかな気持ちになることが出来ました。

へそ曲がりの私ですが降りる時に思わず「お世話様でした。」と声を発してしまいました。

2 コメント

2015年

9月

08日

ジムでもスマホが!

ジムの中でスマホを操作する人が次第に増えてきました。


電車やバスの中なら手持ち無沙汰と云う事で理解できますが、ジムへ来るのはトレーニングという目的があるわけですから、その時間ぐらいは手離すことはできないものなのでしょうか?


スマホで音楽を聴きながらトレーニングするのはモチベーションを上げるために効果的ですが、ストレッチマットの上で自分の家の如く寛いでスマホをいじっている人や、マシーンやベンチに座りながらLINEや動画に興じている人を見ると一体ジムに何をしに来たのだろうと思ってしまいます。

でも、彼等からすると、この時代にスマホも持ってない私の方が奇異に映るのかも知れませんね。


いまやスマホを利用する事は生活習慣のひとつに固定化されてしまったようですから、使い方ひとつ知らない私がとやかく言うべきことではないようですね!

0 コメント

2015年

9月

07日

近視の悩み

私は視力が弱いのでメガネを外すと34m先の人の顔が判別できません。

そのため、ジムの浴室ではたびたび人間違いをしてバツの悪い思いをしております。


私ばかりでなく相手もビックリするでしょうね!

これまで会釈すら交さなかった人間からいきなり「こんにちは!」と声をかけられるのですから。

だからと言って、相手の顔を覗き込んでから挨拶をする訳にもいきませんからねぇ!


そこで、一計を案じて頭の形と髪の毛の量で相手を確認してから挨拶をするようにしてみました。

顔の輪郭はぼやけてもヘアースタイルは何とか分かりますからね。

と、思ったのですが意外なところに盲点がありました。

スキンヘッドの人の見極めが出来ないのです。

昨日、後ろ姿を見て疑いもなく懇意にしているジム友と間違えてしまいました。

相手はキョトンとしていましたよ!

挨拶されて怒る人はいないと思いますが、新たな方法を考えなくてはいけませんね!

 

一計を案じる:計画を練ること。

0 コメント

2015年

9月

06日

テキーラ

先日友人と食事をした際、初めてテキーラを飲んでみました。


テキーラといえばメキシコ産のアルコール度数が高いだけで、もともとはメキシコの肉体労働者が手っ取り早く酔うために飲む酒だと思っていましたから、これまで一切口にしたことがありませんでした。

ところが、実際口にしてみると私の想像とはまったく違った芳醇な味がするのですよ!

上手く表現できませんが、高級な焼酎のような味と言えばいいのでしょうか?

とにかく、旨いのです!


酒通の友人によると、「酒の中でテキーラが一番旨い!」そうです。

ただし、美味しいテキーラは非常に高額なので手軽に飲めないのが難点だとも言っておりました。

さて、このテキーラですが、ただいまハリウッドの俳優やセレブの間ではちょっとしたブームになっていて、地元の高級レストランではワインと同様に扱われていると云います。


そこまで聞いたら柴又のセレブとしては黙っていられませんよ!

早速、買ってきて試してみました。

さすがに一昨日飲んだモノとは風味の違いに差がありましたが、それなりの味を楽しむことが出来ました。

食後、テレビを観ながらチビチビ飲るにはもってこいのスピリッツですね!

 

※スピリッツ:アルコール度の高い蒸留酒。

0 コメント

2015年

9月

05日

ボクササイズ

金曜日、朝10時からのボクササイズは足腰の動きが殆どないので腰痛持ちの私が参加できる唯一の格闘技系レッスンです。


足腰を使わない分、動きは単純なんですが反復運動の繰り返しが続くので驚くほどの汗が出てきます。


それと、ボクササイズはダイエット効果が非常に高いことに加えて爽快な気分を味わえますから、朝早くのレッスンにも関わらず毎回40人近くのご婦人が参加してきます。

格闘技には無縁のご婦人連中が髪を振り乱して、パンチを繰り出している姿は壮観そのものですよ~!

男性陣は私も含めて3~4名ですから、その迫力に思わず圧倒され片隅に追いやられてしまうほどです。


一人で行うトレーニングはどうしても力を抜いてしまいがちですが、週1回くらいは、こうした集合レッスンで強制的に体を動かしておきたいものですね。

 

0 コメント

2015年

9月

04日

公園でヘアーカット?

いつものようにモコと朝の散歩に出掛けた時のことです。


近所の公園のベンチに高校生ぐらいの男の子が二人座って、一方が相手の頭をバリカンで刈っていました。

一瞬呆気に取られてしまいましたよ!


でも、これはどう見てもマナーに反していますよね?

足元には髪の毛が散乱していますし、風で飛んでいく髪の量だって半端ではないはずです。

もちろん、箒や塵取りなどは持ってないので終わったらそのまま立ち去ってしまうつもりなんでしょうね!


そもそも、爪を切るとか髪の毛を刈るというのは、いわば人間の排泄行為でもあるわけですよ。

それを、公衆の面前で堂々と行うというのは私には信じられませんでした。

よほど注意しようかと思いましたが、逆切れされた場合、若者二人を相手に戦う自信が無かったので、はなはだ不本意ではありましたが、そのままその場を去らざるを得ませんでした。

こんな時の場合に備えて格闘技のレッスンを再開すべきですかね?

0 コメント

2015年

9月

03日

相変わらず体重が!

朝晩涼しくなったおかげで大分体調が良くなってきました。


ただ、相変わらず体重が元に戻らないのが気になっているんですよ!

昨年の同時期に比べ、+1.5kgの数値を保ったままの状態がずっと続いています。

この程度の体重増を気にする必要はないと思うのですが、食事制限をして、なおかつ飲む酒をカロリーの高い日本酒から焼酎に変えてまで努力していると云うのに一向に改善されないことに納得がいかないのです。


ただ、救いなのはウエストサイズが6月の健康診断の時よりも1cmほど減ってきていることです。

この数ヶ月、腹筋と有酸素運動に力を入れてきた効果が現れたのかもしれませんね。

ウエストさえ膨らまなければ、太るのは一向に構わないのですが、すると増えた体重はどこに行ったのでしょうか?

つまらないことが気になって仕方が無いのです。

2 コメント

2015年

9月

02日

平凡な毎日ですが!

ジム通いの他には、これといって何をするわけでもない平凡な毎日を過ごしております。


でも、不思議と退屈はしていないんですよ!

むしろ、この平凡な毎日の生活を享受していると云っても良いくらいですよ!

何といっても健康で毎日三度の食事を美味しく頂けることが何よりですね。

そして、日課となっているジムに行けば親しい仲間とスタッフに囲まれてのトレーニングで心身ともに爽快な気分に浸ることが出来ます。


ジムから帰れば、モコを膝に置いてひたすら晩酌の時を待つ。

また、ある時は気のおけない友人と焼き鳥を頬張りながら、時間を忘れて酒を酌み交わす。

こんな生活を毎日続けることが出来ているのです。

これを幸せと言わずして、なんと云うのでしょうか?


もちろん、この程度では満足出来ない人もいるでしょうが、自分の置かれている環境から目をそらしても何も変わりません。

それなら、ありのままを受け入れて毎日の生活をエンジョイする事を考えようではありませんか!

2 コメント

2015年

9月

01日

物騒な世の中に

凶悪な事件や悲惨な事故が後を絶ちませんね!


しかも、何の罪も無い少年・少女や女性といった、いわゆる弱者が被害に遭うケースが多くなりました。

これまでは、真面目に生活していれば自分の周りで凶悪犯罪など起こる可能性などありませんでしたよ。


ところが、今は信じられないような些細な動機で人を殺めると云う事件が日々繰り返されているところに最近の犯罪の怖さが潜んでいるような気がします。


その他にも、見ず知らずの人間がいきなり刃物を振り回してきたり、薬物中毒者の運転する車が歩道に突っ込んでくるのですから、どう対処すればいいのでしょうか?

幸い、私の周囲では、そうした被害にあったという話は聞きませんが、いつ自分が事件や事故に巻き込まれてもおかしくない物騒な世の中になってしまいました。

0 コメント

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。