デニーズ

何十年ぶりかで、デニーズでランチを取ってきました。

デニーズは1974年に日本初登場した、いわゆるファミリーレストランの奔りといわれた店です。

当時としては珍しいクラブハウスサンドイッチやハンバーガー等の本格的アメリカンメニューを手軽に利用できる店として大人気になりましたね。

いかにも、アメリカナイズされた店で食事をするのは、なんとなく優越感を覚えたものです。

 

さて、今回デニーズに行った目的と云うのは、食通の友人から「デニーズのビーフシチューの味は侮れないぞ!」という情報を入手したものですから、ビーフシチューつくりをライフワークとする私としては一度味を知っておかなければなりません。

 

早速、頂いてみましたが、正直言って″旨い!”の一言です。

煮込み過ぎで、肉片が小ぶりになっていたのが残念でしたが、まろやかなソースと程よく絡まった柔らかな肉の味は流石でしたね!

値段も1,200円と手頃だし、お勧めの一品です。

 

それでは、私の作ったものとどちらが旨いのかと言われると困りますが、客観的に見て甲乙は付け辛いと申し上げておきましょう。

ただし、私のビーフシチューには手間と時間を掛けて作っている分だけ、作者の熱い思いが味に籠もっているように感じ取れました。

でも、これは個人の舌の違いによるものですから、なんともいえませんけどね?

 

いずれにしても、天下のデニーズ相手に一歩も引けを取らなかったというのは大収穫でした。

年末に予定している恒例のビーフシチュー作りに向けて新たな闘志が漲ってきましたよ!

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。