パンク魔!

駅前の駐輪場に止めておいたバイクに跨ったところ、違和感があったので確認してみると後輪のタイヤがぺっちゃんこになっていました。

まぁ、こんな事もあるのかと思いながら、その夜は自転車を引いて帰った訳ですが、昨日自転車屋で修理をして貰った際、「お客さん! この穴は横から刺されているから、きっと誰かのいたずらだよ!」と言われたのです。

確かに、普通の道路を走っている時に横から針状の異物が刺さってくるなんて事などあり得ませんからね?

 

ご覧のようにピンク色した派手なバイクですから、目を付けられたのかも知れませんが、これは器物破損というれっきとした犯罪です。

凶器は分かりませんが、手頃な釘や虫ピンがそうそう落ちているわけがないので衝動的な犯行ではないと思うのですよ。

おそらく犯人は常に錐(キリ)のようなものを携帯して犯行を重ねているに違いありません。

そうだとしたら許せないですよ!

バイク愛好家にとって愛車を傷つけられるというのは、わが身を削られるのと同じ思いをするのですから。

それに修理代の1,000円も、決してバカに出来る金額ではありません。

駅近で便利な駐輪場だと思ったのですが、こうなると防犯カメラの設置された所に変える必要がありますね!

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。