職場体験

ただいまジムには地元の中学生二人が社会生活の一般常識を習得する目的で「職場体験」に訪れています。

まぁ、どんな効果があるのか分かりませんが、中学生の頃から働くことの大切さを学び、自分達の将来について考えることは非常にいいことだと思います。

さて、その二人が月曜日恒例のボクササイズに参加してきました。

さぞかし、キビキビした動きを見せてくれるのかと思いきや、案に相違して二人揃ってドン臭い動きをするのですよ!

いきなりボクシングのスピーディな動きを真似するのは無理だとしても、手を伸ばす、足を開くといった体の基本的な動きがまったくできていないのです。

彼たちの祖父母に相当する我々の動きの方がはるかに機敏でした。

しかも、レッスン終了後は二人共肩で息をしているではありませんか!

鏡に映る彼たちの姿を見て歯がゆく思ったのは私だけでしょうか?

たまたま、この二人の体力と運動神経に問題があったのかも知れませんが、小さな頃から体育会で育った私としては一抹の不安を覚えてしまいました。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。