休煙日

年末年始は飲み続けの日々が続いたので、今日が2週間ぶりの休肝日となりました。

6年前に、ふとしたことから生活習慣に取り入れた休肝日ですが、今ではすっかり生活サイクルの一部になっています。

友人たちからは、「よく、続いているね?」と声を掛けられますが、1日休むことによって翌日の酒の味がより美味しくなりますので、むしろ休肝日が待ち遠しくなるほどなんですよ!

ところで、ただいま「休肝日」ならぬ「休煙日」が静かなブームになっているのをご存知でしたか?

クラシエフーズという会社が実施した調査によると喫煙者のうち2人に1人が、1日タバコを控える「休煙日」を設けていることが明らかになったそうです。

理由は、「昨日吸いすぎたから。」、「非喫煙者と打ち合わせをする時」、「冠婚葬祭の日」といった具合で様々ですが、そういった意識が禁煙に繋がって良くかもしれません。

「休煙日」がどれほどの効果をもたらすのかは別として、マンネリから脱却したいという強い気持ち持つことは必要ですよね!

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。