笑いながら話す人

笑う場面でもないのに「アハハ~」と笑いを挟んで話す人や自分で喋って自分で笑う人をよく見かけます。

おそらく、癖になっていて本人は自覚していないのでしょうが、聞いている側とすれば、ぜんぜん面白くないし、何か軽んじられているような気さえしてしまいます。

会話の内容に深みがなくなるし、信憑性も感じられません。

笑顔を浮かべながら会話をする人には非常に好感が持てるのですが、むやみやたらと「アハハ~」を連発するのは避けたいものですね。

男女に限らず歳を取るに連れて、こうした傾向が強くなるようですので、私も十分注意したいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MASAKOさん (月曜日, 09 3月 2015 09:41)

    私の近辺にも居ますね 特に男性が多いような気がしますが… 最初は 何だろうと思いましたが 付き合いが長くなって 私なりの納得が出来ました。 どお言う風かと申しますと、口下手を カモフラージュする為の 手段の様でした 念の為 私の知るその人は お人好しの 明るい方です。

  • #2

    PO (月曜日, 09 3月 2015 10:01)

    親しい人なら、何とも思わないのですが、ジムの中で顔を見かける程度の人から「どうも~アハハ~。」等と声を掛けられるのはあまり気分のいいものではありません。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。