「腰古井」

友人から「腰古井(こしごい)」と云う名の大吟醸酒を頂きました。

このお酒は千葉の勝浦で作られた地酒で酒通の間では評判の高い名酒だということです。

早速、冷やしておいた「腰古井」をグラスに注ぎキューッと飲ってみました。

フルーティーで爽やかな飲み口なんですが、口の中に含んでいる間に濃厚で力強い旨味に変化していくのです。

この重厚で上品な旨みは、まさに大吟醸酒の醍醐味といえますね!

五臓六腑にジワジワと染み渡っていく、心地よい感触が何ともいえません。

旨い酒と云うのはツマミがなくてもグイグイ飲めてしまうものですね?

日本酒の奥深さをいまさらながらに感じさせてくれた逸品でした。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。