フィリピン料理

海から帰り、シャワーを浴びた後は市内にある「ライトハウス」というレストランでフィリピン料理を楽しみました。

フィリピン料理といっても日本ではあまり馴染みがありませんが、我々の舌に合う美味しい料理が沢山あります。

まずは「シニガン」からスタートしました。

これは酸味の効いたスープで具には海老や豚、それに牛肉が使われます。

私は最後の〆にご飯を入れてオジヤの様にして食べるのが好きなんですよ。

続いて、「キニラオ」を頼みました。

マグロや白身魚の切り身に生姜、唐辛子を和え、お酢に漬けたものです。

生で魚を食べる習慣のないフィリピンでは 珍しい料理の一つといえるでしょう。

メインディッシュは「アドボ」です。

アドボは豚や鶏肉と玉ねぎを甘辛く煮込んだフィリピンの代表的な料理の一つです。

今回はポークアドボにしましたが、じっくり煮込んだ豚バラのとろける様な味はビールにピッタリでした。

いずれの料理も美味しいことに間違いはありませんが、以前マニラで食べたモノと比べると、やや味にコクが欠けるような気がしました。

まぁ、私の舌もいい加減ですから当てにはなりませんけどね!

さて、腹ごしらえが出来たところで、次の目的地であるライブハウスに向かいました。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。