挑戦と挫折

私は若い頃から興味を持ったことには積極的に挑戦するように心掛けてきました。

もちろん、自分の持つ知的・体力的能力には限界がありますから、何もかもすべてという訳にはいきませんでしたけどね。

何もしないうちから「ど~せ無理!」と言って諦める事をしたくなかったのです。

他人が出来ることは自分でも必ず出来るはずですからね。

しかしながら今振り返ってみると殆んど中途半端な状態のまま挫折してしまっているような気がします。

そのいい例が英会話とキーボードのブラインドタッチです。

両方とも、頭を使う必要はありませんし、単なる慣れだけの問題ですから、もう少しスキルアップしてもいい筈なんですが、未だに実を結びません。

ハードルの設定が高過ぎるのかもしれませんね。

でも、例え中途半端に終わったとしても、何もしないよりはましだと思うのです。

今後も挑戦と挫折の繰り返しになるも知れませんが、諦めずに続けていくつもりです。

「失敗を恐れるな! 行動しない事を恐れろ。」(ホンダ創業者:本田宗一郎)

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。