サイクリストのマナー

季節も良くなって、色鮮やかなサイクルウェアに身を固め、スポーツバイクに乗る人の数が増えてきました。

これからはサイクリングにもっとも適したシーズンですからね!

ところで、颯爽と街中を駆け抜ける彼らの姿を見て、この人たちは交通ルールやマナーを順守して走っている人たちだと思っていたのです。

ところが、中には酷いのがいますから気を付けないといけませんよ。

信号無視は当たり前、車道が込んでいると、車線変更して歩道に乗り上げ猛スピードで走っている連中がいますからね!

スポーツバイクは340kmのスピードが出ますから、よほど注意して走らないと大事故に繋がりかねません。

先日は携帯電話を耳にあてながら、車の間を縫って走っているバカを見かけました。

私も2台のロードレーサーを持っているサイクリストの端くれですから、こうした一部のルール無視、マナー違反のバイクが目立つことによって、スポーツバイクに対するイメージが悪くなるのは迷惑なんですよ!

むしろ、こうしたスポーツバイクに乗っている人たちが、模範になる走り方をしていくことで、一般の人たちを啓発していかなければならないと思うのです。

最近は自転車に対する規制も強化されてきているようですが、車に比べると、まだまだ甘いといわざるを得ません。

それに乗じて好き勝手な走り方をして欲しくないのですがねぇ・・・。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。