ICカードのメリットは?

今や、多くの人がSuicaPASMOなどの交通系ICカードを利用する時代になりましたね!

しかし、あのICカードは利用する側にとって、それほどのメリットはあるのでしょうか?

まず、主なメリットですが、

・切符を買う手間が省けて、改札の通過が楽。

・乗り換え時、目的駅までの料金を調べる必要がない。

・消費税が1円単位なので切符より安い。

私には、これくらいしか思い浮かびません。

一方、デメリットはというと、

・チャージ金額の多寡に関わらず割引・特典が一切ない。

・チャージした金額をピッタリ使い切ることが困難である。

・紛失、盗難時のダメージが大きい。

このようにデメリットばかりが目立ってしまうのですが、それでも人気があるというのは、やはり使い勝手の良さが魅力なんでしょうね?

ところで、ICカードには大なり小なり常に残額がありますよね。

一昨年のデータですが交通系ICカードの発行枚数は8700万枚を超えています。

我々が支払ったものの、まだ使われていない金額の合計は、それこそ天文学的数字になってしまうのです。

つまり、交通系ICカードで一番のメリットを享受出来るのは、巨額な代金を先取りできる鉄道とバス会社なんです。

だからと云って、こまめにチャージするのも煩わしいし、悩ましいところでありますね。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。