我が子よりスマホが!?

昨日はジムが休みだったので、サイクリングがてら亀有のアリオに行ってきました。

夏物のパンツを購入し、裾上げが終わるまでの時間、休憩コーナーのベンチに座って待つことにしました。

そこへ3~4歳ぐらいの幼児を連れた二組の若夫婦がやってきて、子供に飲み物を与えたかと思うと、すぐさまスマホを始めたのです。

子供たちも慣れたもので、お互いにキャ~キャ~言いながら、あたりを駆けずり回っていました。

その間、二言三言注意らしき言葉を掛けてはいましたが、親の目は画面に釘付けのまま、子供の顔を見ようともしません。

幸い子供たちに迷惑を掛けられるようなことはありませんでしたが、我が子を放置してまで必死になって見なくてはならない情報なんてあるのでしょうか?

スマホを持っていない私には想像すら出来ないのですが・・・。

自分達の姿が周りにはどのように見えているのか、意識の片隅にもないのでしょうね、二組の夫婦が競い合うようにスマホをいじっている姿は滑稽さを通り越して哀れみすら覚えてしまいました。

いずれも、30歳代前半のごく普通の夫婦に見えましたけどねぇ?

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。