「高温注意情報」

亜熱帯地方顔負けの猛暑日が続いていますね!

ここまで暑くなると一歩外へ出るにも勇気と覚悟が必要になってきます。

昨日テレビを観ていたら「高温注意情報」なるテロップが流れていました。

私は初めて聞くような気がするのですが、ご存知でしたか?

これは、気象庁が夏場の高温による熱中症予防の観点から、2011年に導入された「注意情報」で、当日あるいは翌日の最高気温が35℃以上になると予想された時に発令されるそうです。

ただでさえ暑いのですから、こんな注意情報を流されると余計に暑苦しくなってしまいますよね?

おかげで、私もすっかり体調を崩してしまいましたよ。

全身が倦怠感に覆われて気力が出ない上に、サウナに入っても汗がこれまでのように十分に出なくなってしまいました。

体のバランス機能に支障をきたしているのだと思います。

これも、熱中症と一種なのでしょうね?

予報によると、まだまだこれからが夏本番だそうです。

この調子だと、今年の夏を乗り越えられるか不安になってきました。

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。