追っかけといえども

毎週日曜日になると、お目当てのインストラクターが担当する「グループキック」のレッスンを受けに、はるばる埼玉県のU市からやってくる若い女性がいます。


いわゆる「追っかけ」と云うやつで別に珍しいわけではありませんが、彼女のユニークなところは、自分の定位置を確保するためにレッスン開始の2時間半以上前からスタジオで待機していることなんです。

確かにカリスマインストラクターのレッスンでは行列が出来るケースもありますが、それにしても、せいぜい30分がいいところです。


それを毎週欠かさず実行しているのですから、感心してしまいます。

とかく「追っかけ」というと聞こえはよくありませんが、形はどうあれ、ここまで自分の姿勢を貫き通せるというのは、これはこれで立派なことではないでしょうか!

これが若さというものなんでしょうね?


歳と共に、夢中になれるものが減っていく我が身が寂しい限りです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MASAKOさん (日曜日, 09 8月 2015 07:48)

    おはようございます 何事も 出来る時が チャンスですよ、例えば 其の彼女、普通に行けば 10年後には 結婚、出産、子育て となり 普通の人に成って行くのです

  • #2

    PO (日曜日, 09 8月 2015 12:06)

    枝豆の件、早速試してみます。
    結果については後日ブログ欄で報告します。

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。