故郷(ふるさと)

お盆休みを利用して故郷へ帰る人が多いんでしょうね?


東京・葛飾は金町生まれで柴又育ちの私には帰る故郷がありません。

そのこと自体、寂しいと思ったことはありませんが、さすがに一度ぐらいは帰省というものを味わってみたかったですねぇ!


小さな山が裏手にあり、目の前には小川が流れる軒先で手に一杯の土産を持った我々を迎えてくれるのは年老いた両親と井戸で冷やした大きなスイカです。

荷解きももどかしく小川に走る子供たち。

夕刻になると近所の親戚が集まって酒を酌み交わしながら、近況を語り合う、残念ながらそんな経験は、かって一度もありません。


でも、交通ラッシュに巻き込まれながらヘトヘトになって帰るばかりが故郷ではありませんよね?

三代に亘って住み続けていれば東京だって立派な故郷だと思うのですが?


というわけで、毎年この時期になるとTVに映る帰省ラッシュの様子を肴にビールを飲むのを楽しみにしている私です。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MASAKOさん (土曜日, 15 8月 2015 15:40)

    お盆休みは 何処に行っても 人が少なくて 良いですよ‼︎ 買い物もスッキリ 快適です。原住民の天下の様な気がしますね 満員、混雑、無くも 大いに 結構と思います 。

  • #2

    PO (土曜日, 15 8月 2015 17:27)

    ジムへ行く以外、外には出ませんので実感がないのですが、そんなに空いていましたか?
    たまには、こんな時間があるのもストレス解消になりますね!

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。