文明の利器

 

我が家の給湯器の調子が悪くなり、シャワーを浴びたり、顔を洗っている時に突然お湯が冷水に変わってしまうのです。

 

目に見えないガスですから万が一の事を考えて東京ガスにチェックして貰ったところ、原因は器具の老朽化によるものだということが分かりました。

 

交換が必要だということですが、費用を聞いて一瞬目の前が真っ暗になりました!

 

「平均40万円くらいは掛かります。」というのです。

 

でも、今はインターネットで何でも調べられますから、早速値段の信憑性を確かめてみました。

 

すると、殆どの業者が半額以下の価格を提示していました。

 

もちろん、値段だけではなく、慎重に「口コミ」で評判を確認して、某工事屋さんにオーダーすることにしました。

 

でも、パソコンを持っていない人、または持っていてもインターネットの検索が不得手な人は、他社との比較をすることなく言われるがままに注文してしまうわけですよね。

 

千円や二千円程度ならまだしも、十万単位で節約できるとなると考えものですね!

 

悪事ばかりが目立つインターネットですが、使い方次第では、まさに文明の利器といえるでしょう。

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。