先生は大変なんです。

 

学校の施設開放の仕事を始めてから気になっていたのですが、学校の先生の仕事というのが実にハードなんですよ!

 

私が仕事を終えて帰る9時になっても職員室の明かりは煌々と点いたままです。

 

聞くところによると、今の先生は生徒指導に追われるだけではなく、いじめの問題、モンスターペアレントと呼ばれる過激な保護者との対応、学校行事等をこなしていると、ゆっくり休めるのは月に2日あれば良いほうだそうです。

 

その上、冬休みも夏休みも基本は毎日出勤で課外活動、家庭訪問、職員会議の連続で心身共に疲れはて、鬱病になる先生まで出てくる始末です。

 

さらに驚いたのは残業代が一切支払われないと云うことです。

 

なぜなら、こうした一連の作業は上(校長等)の指示ではなく、やらないと自分が困るのでやらざるを得ないらしいのです。

 

でも、これだけ過酷な労働に見合う報酬がなければ、学校はブラック企業と呼ばれても仕方がありません。

 

今後、先生のなり手が少なくなり、その結果先生の質が落ちるということにならないでしょうか?

 

私が憂えてもどうなるものではありませんが、深刻な問題ですよね!

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。