カツラではありません!

 

いつものようにストレッチをしていると、傍らにいた顔見知りの男性が、いきなり私の髪の毛を掴んで、「カツラじゃないんだぁ!」と感心したように云うのですよ!

 

もちろん、強く引っ張られたわけではないので痛みはさほど感じませんでしたが、失礼にも程があるじゃありませんか!

 

どんなに親しい間柄であっても、人の髪の毛を平気で掴むなどと云うことはあってはならないことですよね!

 

ましてや、会話を交す程度の間柄で、私自身気を許して付き合っているつもりはまったくない男性ですから、怒りを通り越して、唖然としてしまいました。

 

因みに、その男性の頭頂部は見事な鏡面状態なので、おそらく私の豊富な髪の量を見て嫉妬したのでしょうね?

 

このようにジムにいると、時として信じられないような常識外れの輩と遭遇することがあるんですが、今回ほど不愉快な思いをしたのは、これが初めての事です。

 

腹の虫が治まるまでには相当の時間を要してしまいました。

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。