冷房弱者

 

私は冷房が大の苦手なんですよ。 

仕事場である学校の主事室のエアコンは23℃に設定されているため、5分もジッとしていると頭痛がしてくるほどです。

私一人だけなら温度を上げるか、スイッチを切ってしまうのですが、1日の仕事を終えた主事さんが汗を拭いている姿を見ると我慢せざるを得ないのです。

それと、不思議なことに私が居酒屋・レストラン等の公共の場所に出向くと、必ず冷気の一番強い席に座る羽目になってしまうのです。

ですから、どんなに暑い日でも外へ出掛ける時は薄手の上着を1枚用意することにしています。

でも、私だけが異常体質ではないようですよ。

このような症例は冷房弱者と呼ばれ、最近では若い人の間でも蔓延しているそですから。

とにかく、もうしばらくの辛抱だと覚悟して、歯を食いしばりながら寒さと戦っております。

 

ジム仲間、マダムYさんの痛快ブログです。